雀宮宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

雀宮宿(すずめのみやじゅく)は、日光街道および奥州街道の16番目の宿駅宿場町)である。現在の栃木県宇都宮市雀宮

概要[編集]

雀宮宿は江戸時代下野国河内郡にあった宿場町である。雀宮宿は、もともと下横田村の台地部にある村落であったことから台横田村と呼ばれ、奥州古道の時代にはその中心地は雀宮宿の東方にあったが、江戸時代に日光街道が整備されたことにより沿道に人家が集まり宿を成し、近所にあった雀宮神社に因んで雀宮村と改称し、後に江戸幕府によって宿駅とされたものである[1]

天保14年(1843年)の『日光道中宿村大概帳』によれば、雀宮宿には本陣1軒、脇本陣1軒が設けられ、旅籠が38軒あった。宿内の家数は72軒、人口は268人であった[2][3]

現在も雀宮には旧日光街道である国道4号が通るほか、その近傍を鉄道路線JR宇都宮線東北本線)が通り同線雀宮駅周辺を中心に宅地化が進んでいるものの、往古の静かな宿並も残されている。

設備[編集]

  • 宿駅
    • 本陣小倉半右衛門、脇本陣
  • 寺社
    • 太子堂、正光寺、金乗院、大日堂、観音堂、修験常覚院、馬頭観音
    • 天王社、稲荷社、雀宮神社
  • 接続道路

交通[編集]

隣の宿

  • 日光道中、奥州道中
石橋宿 - 雀宮宿 - 宇都宮宿
 雀宮宿 - 多功宿

関連項目[編集]


参考資料[編集]

  1. ^ 『日光道中略記』に拠る。
  2. ^ 『日光道中宿村大概帳』に拠る。
  3. ^ 『日光道中絵図巻6』(笹原新田より宇都宮宿まで)に拠る