隣組 (歌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

隣組』(となりぐみ)とは昭和前期の日本流行歌の一つである。

解説[編集]

作詞は岡本一平(作詞著作権消滅)、作曲は飯田信夫で、歌は徳山璉(とくやまたまき)。1940年昭和15年)6月17日にNHKラジオ『國民歌謡』で放送され、同年10月には北原白秋作詞、飯田信夫作曲の『天から煙草が』とのカップリングとして、ビクターレコードから発売された。

戦時体制において導入された制度の一つである「隣組」を宣伝啓発する内容の歌であり、隣組の利点などが歌詞で歌われている。

敗戦を機に隣組制度は廃止されたが、メロディーが陽気であるため戦後も歌われ、『お笑い三人組』(NHK総合テレビ)の主題歌にも使用された模様。1971年には武田薬品から発売されていた殺虫剤「メルトン」や、メガネドラッグCMソングの元歌として使われ、1978年からは長年にわたって『ドリフ大爆笑』(フジテレビ)のオープニングテーマの元歌(マーチ調にアレンジ)として使われた。2010年にはサントリートリスウイスキー」のCMソング(吉高由里子出演)の元歌として、2017年には「ドミノピザ」のCMソングの元歌として使われたが、アレンジが『ドリフ大爆笑』とほぼ同一であることから、これは替え唄の替え唄ということになる。『この世界の片隅に』はオリジナル版をコトリンゴがカヴァー、アレンジしたものが挿入歌として使われる。

外部リンク[編集]