隠れん坊オンライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

隠れん坊オンライン(かくれんぼうオンライン、英語: HIDE&SEEK)は、韓国デベロッパーのiGeneによるゲームソフトである。App StoreGoogle Playにて配信されている。フリーミアムで、Android版、iOS版共に課金機能がある。

隠れん坊オンライン
ジャンル アーケードオンラインゲーム
対応機種 iOS、Android
開発元 Gene Eu
運営元 iGene
人数 1人
メディア ダウンロード
運営開始日 2016年11月17日 -
最新版 iOS 23.0.8、Android 23.0.8
利用料金 基本無料(アイテム課金あり)
テンプレートを表示

概要[編集]

  • ランダムで鬼チームか隠れチームに分かれ、オンラインかくれんぼをする。
  • オンラインで無い場合でも「シングルモード」でAIとかくれんぼをすることが出来る。
  • 鬼チームの鬼は隠れている「モノ」を制限時間内に全て見つけること、隠れチームのモノは鬼に見つからないように隠れることを目標とする。

ゲームシステム[編集]

試合が始まる前にランダムで鬼チームか、隠れチームに分かれる。

試合時間と勝敗
45秒の間モノが隠れたり鬼がマップを覚えたりした後、200秒間の試合がスタートする。制限時間が0秒になった時、1つでもモノが残っていると隠れチームの勝ちとなるが、鬼が隠れチームのモノを全て見つけるとその時点で鬼チームの勝ちとなる。
鬼チーム
鬼の目的は、隠れチームのモノをパンチして見つけることである。鬼には5つまたは6つのハート(体力)があり、誤ってパンチをするとハートが減り、体力がなくなるとリタイアとなる。制限時間が45秒を切ると無制限にパンチをすることができるようになる。また、隠れているモノをパンチするとボーナスで体力が回復する。
隠れチーム
隠れチームのモノになった人達は、ランダムに出たモノで隠れる(20コインを消費して一度だけモノの種類を変えることができる)。鬼からパンチされるとリタイアになる(残り時間が140秒以上ある場合、確率で30コインを消費して復活できる)。
観戦者
観戦者は試合でリタイアしたり、試合中にチャンネルに入場したりしたプレイヤーのことである。観戦者は次の試合が始まるまで試合に参加することができない。

フィールド[編集]

28種類[1]のフィールドでかくれんぼをすることができる。フィールドによって隠れることのできるモノも異なる。フィールドは試合毎にランダムに変わる。

ブロックワールド[編集]

モノが存在せず、鬼ごっこの概念で鬼を叩く仕組みとなっている。 1回叩かれるとハート(体力)がいくつか(基本1つ)減る仕組みになっている。 アイテムはハート、加速、爆弾の3つがある。

コイン[編集]

コインは、このゲーム内の通貨である。

  • コインは主に鬼のスキンとしっぽの変更や強化、モノの種類を増やしたり、ニックネーム変更、ニックネームの色の変更、チャンネル変更、鬼のスキンとしっぽのスロットを追加する際に必要である。
  • コインは広告視聴や試合等で獲得することができ、課金によって50000コインを獲得することも出来る。

アイテム[編集]

鬼チームのみ、フィールドのランダムな場所にアイテムが出現し様々な効果を与える。これらは制限時間の経過によって出現する種類も異なる。

ハート
体力を1回復する。最大値5(鬼を最大まで強化すると6)以上になることはない。
加速
移動速度が速くなる。
矢印が現れ隠れているモノがある方向を1つ示す。
爆弾
投げることによって爆発に巻き込まれたモノを見つけることができる。通常のパンチと異なり広範囲に効果を与えるためモノを2つ以上見つけることも可能である。
ヒント 
隠れているモノの種類の名前を1つ示す。

サーバーとチャンネル[編集]

サーバー[編集]

  • サーバーは国や地域によって分けられており、さまざまなサーバーがある。他国のサーバーを利用することも可能である。

チャンネル[編集]

  • チャンネルには番号があり、プレイヤーが自由にチャンネル番号を決めることができる。
  • チャンネル番号を入力しなくても10コインを消費してランダムにチャンネルの接続をして入場することができる。
  • チャンネルには公開チャンネルと秘密チャンネルがあり、公開か秘密かの情報は画面の上でサーバー番号と共に確認することができる。
  • 秘密チャンネルにすると公開チャンネルのようにランダムでチャンネルに入ることが不可能となり、そのチャンネル番号を知った人のみが入場出来る。

スキンとモノ[編集]

スキン[編集]

鬼スキンキャッチャー[編集]

  • コインを消費し鬼の容姿[2]を変えることが出来る。

装飾キャッチャー[編集]

  • コインを消費し鬼に様々な装飾を付けることが出来る。

強化[編集]

  • 強化では、コインを消費し鬼の周りにまとうオーラを変えることが出来る。
  • 強化するごとに鬼の移動スピードが増し、最後の段階まで強化すると鬼の体力の最大値が1増え6になる。
  • 強化は失敗することもあり、失敗すると鬼スキン・周りにまとうオーラが全て最初の警察官の状態に戻ってしまう。

モノ[編集]

モノキャッチャー[編集]

  • コインを消費し隠れる際のモノの種類を増やすことができる。

しっぽ籤[編集]

  • コインを消費しモノにしっぽ(装飾)を付けることができる。

しっぽ強化[編集]

  • 鬼と同じく、コインを消費ししっぽを強化することができる。
  • 強化をするごとにしっぽが長くなっていき、モノの移動スピードが増す。
  • 鬼と同じく失敗することもあり、強化が失敗するとしっぽ自体がなくなる。

その他[編集]

ここでは、主にメニューの項目について記述する。

チャット[編集]

このゲームはチャット機能がついており、他のプレイヤーと会話をすることができる。

  • チャットは「鬼」と「隠れ・観戦者」とで分けられており、チャットに表示される名前の色で鬼・隠れ・観戦者を判別することが出来る。
  • チャットをする相手と何らかの理由で会話したくない場合、チャットミュートをしてそのプレイヤーのチャットを受信しないようにすることも可能である。

シークレットモード[編集]

シークレットモードとは、有効にすると隠れチームの際に自分と他のユーザーの名前やレベルが非表示になるというものである。また、観戦者もシークレットモードを有効にしたユーザーをサーチすることが不可能(そのユーザーの居場所がわからない形)になる[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 事務室、家、キャンプ、商店、廃墟、スタジアム、町、ダンジョン、工事現場、繁華街、城、マート、下水道、学校、空港、農場、ビーチ、病院、宇宙ステーション、ビラ、パブ、砂漠の町、島、家2、事務室2、銀行、スタジオ、料理教室。ブロックワールドは除く。
  2. ^ 最初は警察官となっている。
  3. ^ サーチしようとすると、「表示するものがシークレットモードとキャンセルされました。」と表示される。

外部リンク[編集]

  • iGene - 公式ウェブサイト