隠しページ探し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

隠しページ探しは、意識して探さなければ探し出せないように隠されているページ隠しページ)を見つけ出すゲームである。ウェブブラウザ上で行われる。

隠し方[編集]

一般的な隠しページ探しの問題には以下のようなものがある。

背景色と同色のリンク
隠しページ探しの基本として出題されることが多い。リンクの文字色が背景色と同色になっているため、見ただけではそこにリンクがあることが分からない。多くのブラウザがドラッグして選択したりページの全てを選択して文字を反転させる機能を持っているため、それを使うことでリンクを見つけ出すことができる。
内容が空のリンク
通常リンクには適切な文字列が必要だが、文字列を空にすることでリンクを見えなくしたもの。空にするのではなく、文字のサイズを判読不能なほど小さくしたり、「.」などの見えにくい文字が使われることもある。前述の文字を反転させる方法では見つけることができず、解法として「タブキーでリンクを順に選択し、ステータスバーに怪しいURLが表示されるとそのページに移動する」という方法が広く紹介されている。しかし、Operaなどこの方法を使えないブラウザも存在する。
ソース中に隠す
ソースの中にコメントとして隠しページのURLが記載してあったり、タグの属性中にURLが記載してあったりする。この方法で隠してある場合、基本的にソースを表示しないと見つけることができない。
ツールを使わせる
別のファイルをツールを使い編集・解析することで答えを得られるようにしたもの。使われるツールには、バイナリエディタアーカイバなど、さまざまなパターンがある。また、編集・解析するファイル自体も隠してあることもある。
ダミーを用意する
答えらしきものを複数用意し、正解以外にダミーのページが用意されているもの。ダミーのページにたどり着いた人に、そのページが正解であるように見せかけて有りもしない続きを探させる。また、さらに続き(当然先のページもダミーである)が用意されている場合がある。

ソースを見なくても解ける問題には、JavaScriptなどで右クリックができないようにされている場合がある。

また、ページを隠しているわけではないが、次のようなものも隠しページ探しに分類される場合が多い。

大量のリンクから選ばせる
並んでいるリンクの中から本物のリンクを選ばせるもの。アダルトサイトなどで多い。
リンクの構造が複雑になっている
目に見えるリンク(分岐している場合が多い)でいくつものページが繋がっていて、ゴール(正解のページ)を目指すもの。普通の隠しページ探しの問題と組み合わせて作られることが多い。「迷宮」や「迷路」と題されることがある。

関連項目[編集]