隗純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

隗 純(かい じゅん、? - 42年)は、中国後漢時代初期の武将、政治家。涼州天水郡成紀県(現在の甘粛省天水市秦安県)の人。父は隴右[1]の群雄の1人隗囂。兄弟は隗恂だが、兄・弟のいずれに当たるかは不明。

事跡[編集]

姓名 隗純
時代 後漢時代
生没年 生年不詳 - 42年建武18年)
字・別号 〔不詳〕
本貫・出身地等 涼州天水郡成紀県
職官 〔不詳〕 
爵位・号等 朔寧王〔蜀〕
陣営・所属等 隗囂公孫述光武帝
家族・一族 父:隗囂 兄弟:隗恂(兄?弟?)

父の隗囂は、当初は光武帝陣営に属していたが、対立の末に蜀(成家)の公孫述に服従して朔寧王に封じられ、光武帝と抗争した。しかし、部下を切り崩され、要地も占領されるなど劣勢に陥り、最後は建武9年(33年)春正月に、冀城(天水郡)にて困窮し死去した。

隗純は父を後継し、やはり天水郡に拠って光武帝への抵抗を続けた。これを支える部下には王元周宗行巡高峻・苟宇・趙恢らが健在で、しかも公孫述の部将である田弇・趙匡の援護もあったため、依然として漢にとって侮れない勢力であった。

これに対して光武帝は、同年秋8月に、中郎将来歙に、征西大将軍馮異・建威大将軍耿弇・虎牙大将軍蓋延・揚武将軍馬成・武威将軍劉尚を率いさせ、天水へと侵攻させた。両軍による戦いは、以後1年余りに渡って継続する。

建武10年(34年)夏、天水郡で趙匡が馮異に敗れ戦死したが、隗純らは、その後の漢軍による冀城への攻撃は何とか凌いだ。同年8月、第一城(安定郡高平県)を守備していた高峻が、力尽きて漢の寇恂に降伏した。そして同年10月、落門聚(天水郡冀県)で隗純は来歙に大敗し、部下共々ついにここで全面降伏した。ただ、王元のみが、蜀の公孫述の下へ逃れている。こうして隴右は漢により平定されたのであった。

後に建武18年(42年)、隗純は賓客と漢を逃亡。胡族と結び、武威郡に至るも捕縛され誅された。

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中国の北西部で、隴山の西部(南面して隴山の右手側にあるので隴右)。隴西県・隴西郡はあるが、隴右県や(宋時代の僅かな例を除いて)隴右郡は無いように、通称である。

参考文献[編集]

  • 後漢書』列伝3隗囂伝
    • 同本紀1下光武帝紀下
    • 同列伝5来歙伝
    • 同列伝7馮異伝

関連項目[編集]