隔離演説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

隔離演説(かくりえんぜつ、:Quarantine Speech)または防疫演説とは、アメリカ合衆国フランクリン・ローズヴェルト大統領1937年10月5日シカゴで行った演説である。当時の米国において一般的であった中立・不干渉の政治的風潮に代わるものとして、国際的な「侵略国の隔離」を要求した。演説は米国の孤立主義的風潮を煽り、不干渉主義者や介入者による抗議を招いた。演説の中で特定の国が直接名指しされた訳ではないが、日本イタリア及びドイツを指すものと解釈された[1][2]。ローズヴェルトは、強硬ながらもあからさまな攻撃よりは直接的でない反応として、経済的圧力の行使を提案した。

演説に対する世間の反応は様々であった。著名漫画家で4コマ漫画「スキッピー英語版」の作者のパーシー・クロスビー英語版は、ローズヴェルトを痛烈に批判してきた人物であるが、彼はニューヨーク・サンの広告枠を2ページ分購入して演説を攻撃した[3]。さらに、演説はウィリアム・ランドルフ・ハーストが所有する数々の新聞社シカゴ・トリビューンロバート・R・マコーミックから酷評されたが、のちに一部社説が示したところによれば、米国のメディアは概して演説を認めていた[4]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Patrick J. Maney (1998). The Roosevelt presence: the life and legacy of FDR. University of California Press. p. 114. ISBN 978-0-520-21637-2. http://books.google.com/books?id=YDEkcczrrDYC&pg=PA114&lpg=PA114&dq=quarantine+speech+italy+japan#v=onepage&q=quarantine%20speech%20italy%20japan&f=false. 
  2. ^ 西川秀和「フランクリン・ローズヴェルト大統領の「隔離」演説」南山考人 (34), 3-22, 2006-03,南山考古文化人類学研究会
  3. ^ Percy Crosby on Franklin Roosevelt, David Martin, October 3, 2010.
  4. ^ Edward Moore Bennett (1995). Franklin D. Roosevelt and the search for security: American-Soviet relations, 1933-1939. Rowman & Littlefield. pp. 98,99,100. ISBN 978-0-8420-2247-7. http://books.google.com/books?id=waaATTy24WUC&pg=PA100&dq=quarantine+speech+roosevelt+Hearst#v=onepage&q=quarantine%20speech%20roosevelt%20Hearst&f=false. 

外部リンク[編集]