陶隆満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
陶隆満
時代 戦国時代
生誕 明応6年 (1497年
死没 不詳
別名 陶持長、多々良持長
官位 従五位下、安房守、兵庫頭
主君 大内義興義隆毛利元就
氏族 多々良姓大内氏庶流陶氏
父母 父:陶弘詮?
隆秋

陶 隆満(すえ たかみつ)は、戦国時代の武将。大内氏の家臣で、大内氏庶流陶氏の一族。後に毛利氏家臣に転ずる。別名として陶持長( - もちなが)とも伝わる。陶氏の家系の中で隆満が何処に位置するのか不明であるが、陶弘詮の子とも言われる。

生涯[編集]

大内義興義隆の2代に仕え、義隆の治世には奉行職・評定衆を務めて重用された。の「隆」の字も義隆から下賜されたものである。歴戦の武将でもあり、天文11年(1542年)の月山富田城の戦いにも従軍している。のち天文20年(1551年)の陶隆房の謀反には協力し、山口まで乱入し、長門に逃亡した大内義隆主従を死に追い込んでいる(大寧寺の変)。変後も陶隆房に積極的に協力して、周辺の益田氏周布氏に書状を送っている[1]大友氏より大友晴英を迎え、大内義長と改名させ、新たな大内氏当主とした。

大内氏と毛利氏の関係が破綻し、一族の陶晴賢が毛利氏攻めを行った際には、周防で留守居役を務める。しかし、天文24年(1555年)の厳島の戦いで、陶晴賢(隆房より改名)は毛利元就に敗北し自害する。その後、隆満は周防に侵入してきた毛利氏に降伏し、その家臣となった。没年不詳。

源氏物語の収集[編集]

大内氏の一族らしく教養も豊かであった。文化人としての活動も行っており、特に「源氏物語」を収集したことで著名である。大内家伝来の源氏物語は、隆満が三条西実隆に依頼して書写したものである。蜷川家文書でも足利義輝との交流が確認される。陶隆房謀反の際に主力として活動しながらも、毛利氏への降伏が許され助命されたことは、この教養の高さが影響していると思われる。

脚注[編集]

註釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『周布家文書』

関連項目[編集]