陶山計介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

陶山 計介(すやま けいすけ、1950年 - )は、日本経営学者で、ブランド・マーケティング研究の第一人者。関西大学商学部教授。経済学博士京都大学1995年)。ブランド戦略研究所理事長。日本商業学会前会長。日本広告学会元理事。日本広報学会元理事。専攻はマーケティング論、ブランド戦略論のほか、販売管理論、流通論、商業論、消費論など。岡山県出身。

概要[編集]

日本ブランド戦略研究におけるパイオニアであり、第一人者。関西大学商学部教授。1982年 京都大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得。 『ブランド・エクイティ戦略』等の訳書が日本にブランドブームを起こす。『日本型ブランド優位戦略』、『21世紀のマーケティング戦略』等著書多数。 トヨタ自動車リクルート等、企業の幹部研修で産学交流を推進。行政での活動も多数。日本商業学会副会長、大阪ブランド戦略検討委員会委員等、学外活動多数。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学外における役職[編集]

主な受賞歴[編集]

  • 1990年 - 『社団法人日本経営協会平成2年度経営科学文献賞 奨励賞受賞(『マーケティング・チャネル』中央経済社、1990年刊、共著にて)。
  • 1994年 - 『日本商業学会平成6年度学会賞 優秀賞受賞(『マーケティング戦略と需給斉合』 中央経済社、1993年刊にて)

など。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『マーケティング戦略と受給整合』 (中央経済社、1993年)

他多数。

共著[編集]

他多数。

訳著[編集]

  • デイヴィット・アーカー『ブランド・エクイティ戦略』 (ダイヤモンド社、共訳、1994年)
  • デイヴィット・アーカー『ブランド優位の戦略』 (ダイヤモンド社、共訳、1997年)

他多数。

脚注[編集]

  1. ^ 歴代会長一覧日本商業学会

外部リンク[編集]


先代:
原田英生
日本商業学会会長
2010年 - 2011年
次代:
池尾恭一