陳鴻寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
陳鴻壽から転送)
移動先: 案内検索
陳鴻寿

陳 鴻寿(ちん こうじゅ 1768年 - 1822年)は、中国清朝 中期の篆刻家書家画家である。西泠後四家に加えられる。

を子恭、は曼生・曼寿・種楡道人。浙江銭塘の人。

略伝[編集]

贛楡県(現在の山東省)及び溧陽県(現在の江蘇省)の知県事を歴任した後、淮安府南河海同知を歴任した。文章・詩文に優れ、は特に隷書に優れ創意があった。溧陽県の知県事であった時、隣接する宜興県は砂壺の生産で知られていたが、自身も十八種類の砂壺のスタイルを考案し、また、砂壺の本体に装飾として銘文を刻することも考案し、そうして制作されたものが、後に「曼生壺」と呼ばれて人気を呼んだ。篆刻は丁敬黄易を宗とし、その師法を基礎に自由で堂々とした作風だった。印刀はまるで筆を使うがごとくだった。

著書[編集]

  • 『種楡仙館詩鈔』
  • 『桑連理館集』
  • 『種楡仙館掌印』

関連項目[編集]

出典[編集]