陳樹人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
陳樹人
Chen Shuren.jpg
『最新支那要人伝』(1941年)
プロフィール
出生: 1883年1月3日
光緒8年11月25日)
死去: 1948年民国37年)10月4日
中華民国の旗 中華民国広州市
出身地: 清の旗 江蘇省蘇州府呉県
職業: 政治家・画家
各種表記
繁体字 陳樹人
簡体字 陈树人
拼音 Chén Shùrén
和名表記: ちん じゅじん
発音転記: チェン シューレン
ラテン字 Ch'en Shu-jen
テンプレートを表示

陳 樹人(ちん じゅじん)は中華民国の政治家・画家。中国同盟会以来の革命派人士で、中国国民党では汪兆銘(汪精衛)派の一員と目される。また、嶺南画派(19世紀末の広東省に勃興した中国伝統絵画の一派)の画家としても著名で、様々な作品を残している。祖籍は広東省広州府番禺県

事績[編集]

海外での活動、帰国[編集]

17歳の時に、嶺南画派居廉(居古泉)に師事する。その後、香港『広東日報』などの各紙で論説を担当した。1905年光緒31年)に中国同盟会に加入し、まもなく日本へ留学している。日本では、京都市立美術工芸学校に入学し、在校中は山本春挙から日本画を学んだ。

1912年民国元年)、学業を修了して帰国し、広東優級師範学校や広東高等学校で国画の教鞭をとっている。1913年(民国2年)、第二革命(二次革命)の失敗により、日本へ再度亡命し、立教大学文学科で学ぶ。卒業して文学士の学位を取得したほか、横浜華僑学校で教鞭をとり、『民国雑誌』の編集にも参加した。1916年カナダに渡り、後に中国国民党ビクトリア支部総幹事となっている。

1922年(民国11年)に帰国し、国民党総務部副部長となる。翌年、党務部副部長に移り、3月には広東省政府民政庁庁長・政務庁庁長に就任、さらに広東省長を一時代理し、党工人部長にもなった。5月、大本営内政部総務庁庁長となり、12月には内政部僑務局局長も兼任している。1925年(民国14年)9月、広州国民政府秘書長となり、翌年1月には、党第2期中央執行委員候補に選出された。同年11月には広東省政府委員兼民政庁庁長となる。党においては、汪兆銘ら武漢国民政府を支持する左派人士と目された。

国民政府時代の活動[編集]

陳樹人別影
Who's Who in China Suppl. to 4th ed. (1933)

1927年(民国16年)、陳樹人は中国共産党対応の問題で責任を問われてしまい、香港へ逃走した。同年9月、南京上海の合流に伴い、陳は党中央特別組織部委員として復帰している。翌1928年(民国17年)2月、中央執行委員に補充昇格した。1930年(民国19年)8月、汪兆銘らが反蒋介石のための北平拡大会議を開催すると、陳もこれに加わり、民衆訓練委員会委員に選出された。

反蒋派敗北後、陳樹人も下野状態にあったが、満州事変勃発に伴う大同団結により、1931年(民国20年)12月、党中央執行委員候補として復帰した。翌年5月、国民政府僑務委員会委員長兼党中央海外部部長に任ぜられ、華僑との連携事務に従事している。1935年(民国24年)11月、党第5期中央執行委員候補に再選された。

日中戦争勃発後、汪兆銘らは重慶を脱出して親日政権樹立に奔走することになる。しかし陳樹人は、顧孟余甘乃光白雲梯らと同様にこれに随従せず、引き続き僑務委員会委員長、党中央海外部部長を務めて蒋介石の抗戦体制整備に協力した。1945年(民国34年)5月、党第6期中央執行委員に返り咲いている。戦後は制憲国民大会代表、国父陵園管理委員会委員、国民政府顧問、総統府国策顧問などを歴任した。

1948年(民国37年)10月4日、広州にて病没。享年66(満65歳)。絵画の代表作には『嶺南春色』があり、存命中にも国内各地で個展を開催した。著書には『寒緑吟草』、『専愛集』、『戦塵集』、『自然美謳歌集』などがある。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉国銘主編 『中国国民党百年人物全書』 団結出版社、2005年ISBN 7-80214-039-0
  • 欧豪年「陳樹人簡介」 嶺南画派(James Tan and Lingnan Art.com)(英語、簡体字中国語、繁体字中国語。陳樹人の作品画像も閲覧可能)
  • 東亜問題調査会 『最新支那要人伝』 朝日新聞社1941年