陳杏村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「台湾人民評論」における陳杏村の肖像画。

陳 杏村(日本語:ちん きょうそん、ピンイン:Chén xìng cūn、1909年 - 1977年[1][2])は、台北市出身のファッションデザイナー、事業家である。蓮舫の父方の祖母にあたる。

概要[編集]

生誕から結婚まで[編集]

1909年1月3日、日本統治下の台湾新竹庁で産まれた。父は陳定壁(陳定墙)で、砂糖業や通訳などを務めていた[1]

1923年3月、陳杏村は蓬莱公学校(後に台北市大同区蓬莱国民小学校)を卒業[1]。1926年、台北女子職業学校(あるいは台北州立台北第三高等学校[注 1]などの女学校[1])を卒業した。卒業と同時に台湾総督府医学校卒業生の謝達林と結婚し、台南州新営郡白河庄(現・台南市白河区)に、現地初の病院を開設した。その後関子嶺に共同で別荘を購入した。

1931年、次男の謝哲信(蓮舫の父にあたる)を出産し、単身東京に移住した。

1934年、謝達林は急病で死亡した。陳杏村は直ちに白河に戻り、葬儀に参加した。その後、陳杏村は夫の遺産を整理し、すべての子供を連れて台北に移住した[1]

戦時時代[編集]

1935年、陳杏村は、東京の銀座ファッションスクールを卒業した。間もなく、陳杏村は台北市に洋装店をオープンした[3][4]

1936年4月ごろ、陳杏村は、子供を家族に預け、上海に向かった[5][注 2][6][注 2]。1938年7月18日前後、陳杏村は台北市にカフェをオープンした[7][注 2]

1939年2月、陳杏村は、広州で行方不明になった実弟の陳建昌氏を探した[1]。そこで、日本特務小島氏と知り合い、その後、上海に共同で「華南煙草運銷公司(華南タバコ運送販売会社)」を設立した[1]。その後、陳杏村は、日本陸軍に協力し、南洋兄弟煙草公司中国語版の総代理、英米タバコ会社の総販売などの権利を獲得した。当時の上海の日本疎開地のタバコは、ほとんど彼女の手によるものだった[1]

南洋兄弟煙草公司は、陳杏村の名義で日本陸軍に資金を寄付し、日本陸軍は、この資金で軽爆撃機と戦闘機を1つずつ購入した。南洋兄弟煙草公司が世論を考慮したため、それぞれ「興亜第一四二六(杏村1号)」と「愛国第二五五〇(杏山2号)」[1]と命名した。また、陳杏村は「南華実業公司常務」名義で、「吉野機関」の福山芳夫中佐と契約を結び融資契約をしたが、履行されなかった[1]

1945年、終戦後、陳杏村は林献堂などらに会うために、上海に行き、自宅で宴会をした。1945年10月16日、陳杏村は上海の自宅で「売国罪」の罪で逮捕され[9]、捜索された。陳杏村の子供たちは全員、新台湾同志協会に支援を求めた[1]

1946年9月、台湾光復致敬団中国語版は上海に赴いた。林献堂は、現地の台湾人の事務方に協力し、葉栄鐘らを刑務所に派遣して陳杏村、蔡寿郎ら19人の被拘留者を訪問した[1]

1947年1月前後、陳杏村は軍事検察の徐乃堅に「戦争犯罪」の罪で起訴された[10]。南京軍事裁判所で、委任弁護士の李食霞氏は「戦闘機を献上したことや融資契約が戦争に加担した罪に問われるとしても、それは不当なものだ。」と弁護し、無罪を求刑した。

1947年5月17日、裁判長の石美瑜らは、陳杏村に無罪を判決した[1]。その理由は「被告籍は台湾に属し、日本国民の身分であり、たとえ戦闘機を献上したことや融資契約が事実であっても、国民が国家に対して果たすべき義務であった。その行為は敵国の軍事に協力していないわけではないが、国際条約と国際保証に違反していなく、ハーグ陸戦条約に違反していなく、また処罰規定もなく、犯罪を構成していないものなので、無罪の論にすべきである」というものだった[1]

バナナ輸出事業[編集]

その後、陳杏村は台湾にもどり、大一貿易有限公司を設立し、バナナ輸出市場を始める[11]。台湾と日本に貿易会社である福光貿易株式会社を設立した。1955年、ライフコーポレーション創業者である清水信次と「日本バナナ輸入協会」などを設立。その後、台湾青果輸出業同業公会理事長や駐日事務所主任などの要職に就き[12]、台湾のバナナ輸出市場を掌握した[13][1]。陳杏村などが主導した青果輸出業同業組合は眷村果貿新村中国語版」などを建設・寄贈し、宋美齢から高い評価を受けた[14]。1958年に、蒋介石大統領らが署名した「陸海空軍表彰状」を受け取り、国民党政府から表彰された[15][16]

1960年代初期、陳杏村は呉振瑞らに協力してバナナ輸出割当「五五出口制[注 3]」を促進した。(台湾から輸出されるバナナ輸出割当額を、台湾青果運送販売協同組合連合社と青果輸出業同業組合で2分するという取り決め)。陳杏村氏が主任を務める駐日弁事処は、かつて日本の業者が輸入バナナ1籠に何百円というリベートを持参しなければ台湾バナナを輸入させないとして多額の金を上納させ外為法違反容疑で警察から取り調べを受けたことがある[18]。この件は、佐藤内閣時代の1966年11月1日第52回国会農林水産委員会第4号「バナナ等輸入果実その他に関する件」で、自由民主党の黒い霧事件として取りざたされた[19]

そのほか、契徳燃料廠株式会社を経営。晩年は、陳杏村は商売を次第に謝哲信に任せ、東京とアメリカに住んだ。その後、身体機能の衰えを感じて台北に戻り、1977年に逝去した。[20]

家族[編集]

陳杏村と謝達林は、4人の子女を育てている。

  • 謝哲信 - 陳杏村の次男。蓮舫の父である[21]。日本の同志社大学に留学。卒業後、1959年に日本に移住し、陳杏村のバナナ事業を引き継ぐ。砂田勝次郎が経営するバナナ輸入会社「砂田産業」を実質的に経営(のちに桂信貿易と改称し謝の妻である齊藤桂子が代表取締役を務める)[11]。バナナ事業で成功したこともあり、東京都目黒区に通称「バナナ御殿」と言われた豪邸を所有[22]1994年死去。

逸話[編集]

  • 蓮舫の名前は、陳杏村によってつけられたとされる[1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 台北市立中山女子高級中学の前身
  2. ^ a b c 台湾日日新報の紙面は中央研究院のデジタルアーカイブで題字の検索と記事の閲覧が可能[8]
  3. ^ 1970年代に廃止されるまで続いた[17]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 【蓮舫家族祕史】台裔蓮舫祖母陳杏村 台中日三地奇女子(二)”. www.new7.com.tw. 新新聞. 2017年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月24日閲覧。
  2. ^ 野島剛. “蓮舫,日本政壇女傑的秘密 (上)” (中国語). 報導者 The Reporter. オリジナルの2019年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190107233422/https://www.twreporter.org/a/opinion-japan-politician-renho-1 2017年10月24日閲覧。 
  3. ^ 璀璨繽紛●神采自信──日治時期的臺灣職業婦女(第 1頁)-數位典藏與數位學習國家型科技計畫成果入口網”. digitalarchives.tw. 2017年10月25日閲覧。
  4. ^ 臺灣人士鑑. 台北市: 臺灣新民報社. (1937). p. 249頁. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=008_001_0000349522  國家圖書館 臺灣記憶
  5. ^ “陳杏村女史が●●”. 台湾日日新報. (1936年4月6日) 
  6. ^ “優美な上海の旗袍“東洋の流行は上海から””. 台湾日日新報. (1936年5月17日) 
  7. ^ “ブラジルコーヒの臺灣宣傅販賣本部”. 台湾日日新報. (1938年7月18日) 
  8. ^ 臺灣日日新報 「關鍵詞查詢(キーワード検索)」”. 中央研究院. 2022年6月1日閲覧。
  9. ^ “漢奸解押軍法部審訊,台籍男女亦在其中”. 民報 (國立公共資訊圖書館 數位典藏服務網). (1946年4月18日). https://das.nlpi.edu.tw/cgi-bin/gs32/gsweb.cgi?o=dmysearchdb&s=id=%22PR000000029135%22. 
  10. ^ “軍事法庭起訴 女戰犯陳杏村”. 中央日報. (1947年1月4日) 
  11. ^ a b Company, The Asahi Shimbun (2017年1月23日). “ライフ・清水信次会長「政財界交友録」蓮舫氏の父、祖母との絆〈週刊朝日〉”. AERA dot. (アエラドット). 2022年6月23日閲覧。
  12. ^ “青果公會改選,女人任理事長”. 民聲日報 (國立公共資訊圖書館 數位典藏服務網). (1959年5月9日). https://das.nlpi.edu.tw/cgi-bin/gs32/gsweb.cgi?o=dmysearchdb&s=id=%22PR000000775030%22. 
  13. ^ “中日昨商香蕉輸日”. 民聲日報 (國立公共資訊圖書館 數位典藏服務網). (1961年2月8日). https://das.nlpi.edu.tw/cgi-bin/gs32/gsweb.cgi?o=dmysearchdb&s=id=%22PR000001033348%22. 
  14. ^ “區青菓輸出業公會捐款三百五十餘萬,作興建軍眷住宅用”. 民聲日報 (國立公共資訊圖書館 數位典藏服務網). (1958年7月29日). https://das.nlpi.edu.tw/cgi-bin/gs32/gsweb.cgi?o=dmysearchdb&s=id=%22PR000001183844%22. 
  15. ^ 野島剛. “蓮舫,日本政壇女傑的秘密(下)” (中国語). 報導者 The Reporter. オリジナルの2017年10月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171024182720/https://www.twreporter.org/a/opinion-japan-politician-renho-2 2017年10月24日閲覧。 
  16. ^ gb.cri.cn. “日本華裔大臣蓮舫家世揭秘(圖)”. big5.cri.cn. 中国互联网举报中心. 2019年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月24日閲覧。
  17. ^ “廢止香蕉五五出口制,蕉農表示擁護產運銷一元化”. 民聲日報 (國立公共資訊圖書館 數位典藏服務網). (1973年1月18日). https://das.nlpi.edu.tw/cgi-bin/gs32/gsweb.cgi?o=dmysearchdb&s=id=%22PR000002074774%22. 
  18. ^ 『蓮舫「二重国籍」のデタラメ』飛鳥新社。 
  19. ^ (1966)"第052回国会 農林水産委員会 第4号".2016年8月25日閲覧
  20. ^ 【蓮舫家族祕史】台裔蓮舫祖母陳杏村 台中日三地奇女子(三)”. www.new7.com.tw. 新新聞. 2017年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月24日閲覧。
  21. ^ 【蓮舫家族祕史】台裔蓮舫祖母陳杏村 台中日三地奇女子(一)”. www.new7.com.tw. 新新聞. 2017年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月24日閲覧。
  22. ^ 参議院議員・蓮舫の「台湾バナナ御殿」が解体された裏事情(FRIDAY)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年6月24日閲覧。


関連項目[編集]