陳昭常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
陳昭常
陳昭常.jpg
プロフィール
出生: 1867年同治6年)
死去: 1914年民国3年)10月24日
中華民国の旗 中華民国(北京政府)上海市
出身地: 清の旗 広東省広州府新会県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 陳昭常
簡体字 陈昭常
拼音 Chén Zhāocháng
和名表記: ちん しょうじょう
発音転記: チェン ジャオチャン
ラテン字 Ch'en Chao-ch'ang
テンプレートを表示

陳 昭常(ちん しょうじょう)は清末中華民国の政治家。中華民国の初代吉林都督である。簡穉

事跡[編集]

清朝では進士となり、翰林院編修、吏部主事、員外郎、郎中を歴任した。その後、吉林省に赴任し、長春府知府、吉林府知府を歴任した。次いで広西省に異動し、右江道、按察使を歴任した。この後、いったん中央に戻り、郵伝部左丞、山海関内外鉄道幇弁をつとめた。吉林間島辺防督弁をさらにつとめた後、1908年光緒34年)に吉林巡撫に昇進した。

中華民国建国後の1912年民国元年)3月、初代吉林都督に任命された。翌1913年(民国2年)1月に同省民政長も兼任している。6月、広東民政長に異動したが、病気のため着任できなかった。

同年10月24日、上海市で病没。享年48。

参考文献[編集]


 清の旗
先代:
朱家宝
吉林巡撫
1908-1912
次代:
-
 中華民国の旗 中華民国(北京政府)北京政府
先代:
(創設)
吉林都督
1912年3月 - 1913年6月
次代:
張錫鑾