陳國坤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
陳國坤
チャン・クォックワン
ダニー・チャン
繁体字 陳國坤
簡体字 陈国坤
漢語拼音 chén guó kūn
粤拼 can④ gwok③ kwan①
出身地 香港
生誕 (1975-08-01) 1975年8月1日(43歳)
国籍 香港
英語名 Danny Chan Kwok-kwan
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
配偶者 エンメ・ウォン(黃伊汶)

陳國坤チャン・クォックワンダニー・チャン、Danny Chan Kwok-kwan、1975年8月1日-)は香港の俳優である。

人物・来歴[編集]

1975年8月1日、香港の貧しい漁村に生まれたチャン・クォックワンは、5、6歳の時に観た映画『ドラゴン怒りの鉄拳』のブルース・リーに魅せられ、以来ずっとブルース・リーがアイドルであるという。父に「ジークンドー入門」を買ってもらい[1]、繰り返し本を読み映画を観た彼は、小さな動きから喋り方にいたるまでブルースの真似をする子供で、それは、母、近所の人達や学校でも「小龍」(ブルース・リーの中国名)と呼ばれるほどだったという[2]

販売員、ペンキ工、土木作業員[3]、ダンサー、ダンスの振り付け師[4]などの仕事を経て映画界入り。キャリアの始めである『壞孩子俱樂部 (原題)』においては、自身のロックバンド”Poet ”でボーカルをつとめた主題歌と、ダンスの振り付けを担当した[5]

やがてエキストラとして映画にも出演。1996年、手伝いを兼ねて出席した香港の李小龍會(ブルース・リー・クラブ)で写真を撮っていたところを、香港の著名監督であり俳優のチャウ・シンチーの目にとまり、シンチーの事務所と俳優契約を交わすことになった[2]

2001年には、そのチャウ・シンチー監督主演作品『少林サッカー』で、ダンスの振り付けをするとともに、ゴールキーパー"鬼影擒拿手(魔の手)"役に抜擢される。続く『カンフーハッスル』では斧頭会の組長、サムを演じ、第24回香港電影金像奨で助演男優賞にノミネートされた。同時にこの作品でも斧頭会が踊る手斧ダンスの振り付けを担当している[4]

以降は、多くの映画ドラマに出演、2008年にブルース・リー役として主演した中国中央電視台(CCTV)の連続ドラマ『ブルース・リー伝説[6] が、最高視聴率12.98%を記録し、2000万人が観たという大ヒットドラマとなった[2]。またこの年には、チャウ・シンチーの事務所を辞め自身の会社「詩人會所」を設立[7]

その後は、何度もリメイクされているカンフー人気ヒーローの馬永貞[注 1]をテレビドラマで演じるなどアクション俳優として役を広げる一方で、洋酒メーカー、ジョニー・ウォーカーのCMに登場したCGIブルース・リーのモーションキャプチャーを担当したり[8]、2015年の『イップ・マン 継承』で若き日のブルース・リー役として出演するなど、ブルース・リー俳優としてのイメージは依然として強い。このとこについては2010年に行われたインタビューにおいて、そのイメージから脱却したいか?という問いに「全然! 僕はそっくりさん俳優。例えば毛沢東を専門に演じる俳優もいるし孫文もそう。誰かがこれらを演じなくちゃいけないんだから」と答えている[5]

2014年には、映画『カンフー無敵』で知り合った香港の歌手エンメ・ウォンと5年の交際を経て結婚[9]。2016年3月、息子の誕生の報を聞いて『イップ・マン 継承』の北京での記者会見中に現場を離れ[10]、その子に原点であるブルース・リーの映画『ドラゴン怒りの鉄拳』の主人公の名である陳真と名付けたことが伝えられた[11]

趣味は、音楽、オートバイ、エクストリームスポーツスケートボード。1998年にオートバイで事故を起こし大けがを負っている。2013年にはスケートボードで半月板を損傷、1年間仕事が出来なかった[4]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

  • 2006年 功夫狀元(原題)
  • 2007年 食神(原題)
  • 2008年 ブルース・リー伝説
  • 2011年 大唐双龍伝
  • 2012年 大營救(原題)
  • 2012年 馬永貞(原題)
  • 2014年 坐88路車回家(原題)
  • 2015年 醫館笑傳(原題)
  • 2015年 新猛龍過江(原題)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1972年『上海ドラゴン 英雄拳』、チェン・カンタイ主演、チャン・チェ監督。1997年『暗黒街 若き英雄伝説』、金城武主演、ユン・ケイ監督。1998年『馬永貞』、ケニー・ホー主演、テレビドラマ。2014年『悪戦』、フィリップ・ン主演、ウォン・ジンボー監督。など

出典[編集]

  1. ^ 娶餘文樂的最愛 兒子叫陳真 星爺黃金配角熬成「李小龍再世」”. WECHAT中文網. 2015年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月11日閲覧。
  2. ^ a b c 《明星燒臘店》陳國坤貧困出身 因李小龍改變一切”. 自由時報. 2015年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  3. ^ 陈国坤凭《李小龙传奇》走红 称星爷是我的伯乐(图)”. dailynews.sina. 2015年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月30日閲覧。
  4. ^ a b c 武者归来!香港演员陈国坤续写李小龙传奇”. 巴博斯 G级. 2015年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月16日閲覧。
  5. ^ a b 陈国坤接拍《截拳之魂》觉得自己不像李小龙”. 联合早报. 2015年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月26日閲覧。
  6. ^ ダニー・チャン,リー・ウェンキ(監督),シャノン・リー(プロデューサー) (2010年). [1] (TV). 日本: バップ. 
  7. ^ 周星馳眾叛親離千夫所指 背叛是惟一出路”. news.sina. 2015年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月16日閲覧。
  8. ^ 百比赫(中国):尊尼获加 史诗广告影片《敬致变革者》 你是否有勇气 追求内心的勇敢?”. Domarketing. 2015年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月9日閲覧。
  9. ^ 《少林足球》四師兄 下月峇里島娶美女啦!”. appledaily.com.tw. 2015年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月23日閲覧。
  10. ^ 陈国坤记者会提前离场 连夜返港迎子出生”. 新浪娱乐. 2015年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月2日閲覧。
  11. ^ 陈国坤妻子产后出院 曝儿子为何取名陈真”. 新浪娱乐. 2015年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]