陳唐山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
陳唐山
Voa chinese Chen Tangshan 01Dec09.jpg
プロフィール
出生: 1935年9月16日
出身地: 日本の旗大日本帝国台湾台南州新営郡塩水街
(現:台南市塩水区
職業: 政治家
各種表記
繁体字 陳唐山
簡体字 陈唐山
拼音 Chén Tángshān
和名表記: ちん とうざん
発音転記: チェン タンシャン
テンプレートを表示

陳唐山(ちん とうざん)は台湾の政治家。国家安全会議秘書長、前総統府秘書長、元外交部長、元台南県長。

プロフィール[編集]

政界進出まで[編集]

1959年台湾大学大気物理学科を卒業し、その後渡米。1966年オクラホマ大学で修士号、1972年パデュー大学で博士号を取得した。1973年から1992年までの19年間、アメリカ合衆国商務省に勤務し、人工衛星から得られたデータの分析やアジア資源センターの主任、アメリカ国際開発センターの理事を務めた。

一方で、在米中に台湾独立運動に携わり始め、1966年には蔡同栄らと全米台湾独立連盟(1970年に各国の同様の組織と合併し台湾独立建国連盟が成立)を結成した。また1974年に世界台湾同郷会が発足すると、陳唐山は1979年から1984年まで会長を務めた。

こうした活動から当時の国民党政府によってブラックリストにリストアップされ帰国できずにいたが、1987年に一時帰国が許され、1990年の国是会議に参加する機会を得た。また「海外台湾人返郷運動」を開始し、台湾独立建国連盟のメンバーの帰国を支援した。1992年、陳唐山は民主進歩党に入党し、同年の立法委員選挙で当選を果たした。

2007年9月21日、首長特別費(交際費)を偽造した領収書で引き出し、不正に使用したとして横領罪などの容疑で、呂秀蓮副総統、游錫堃民進党主席らと共に台湾の検察当局に起訴された。

政歴[編集]

  • 1992-1993年  立法委員
  • 1993-2001年  台南県
  • 2002-2004年  立法委員
  • 2004-2006年  外交部
  • 2006-2007年  総統府秘書長
  • 2007-2008年  国家安全会議秘書長
  • 2008年  総統府秘書長
  • 2011年-  立法委員

学歴[編集]

エピソード[編集]

外交部長時代の2004年9月27日、シンガポールのジョージ・ヨー外相が国連総会の場で「一つの中国」を支持する発言をしたことに対して、シンガポールについて「鼻くそのような大きさの国」と述べ、さらに台湾語のスラングを使い「中国に金玉(睾丸)を捧げた(中国に媚びへつらった)」と発言したことが報道され、政治問題化した。陳唐山は翌日、この表現について外交部を通じ陳謝した。

血縁関係[編集]

日本参議院議員蓮舫とは縁戚にあたり、蓮舫は陳を「おじさん」と呼んでいる[1]

脚注[編集]


 中華民国の旗中華民国(台湾)
先代:
簡又新
中華民国の旗外交部長
2004年 - 2006年
次代:
黄志芳