除針器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステープルリムーバー

除針器(じょしんき)とは、ホッチキスの針や画鋲を抜く際に使用する文房具である。

ホッチキス用[編集]

書類などを綴じているホッチキスの針を取り除くための道具。商品としてはリムーバーあるいはステープルリムーバーなどの名称が多い。

先端が状になっており、ホッチキスの針を取り除く場合、と針の間に除針器の爪状の部分を差し込み、これを持ち上げることで針を除去する。

ホッチキスの場合には本体に付属している場合もあるが、ホッチキスの針を取り除く機能だけをもつ専用の道具もある。専用の道具の中には、ホッチキスの針を連続して取り除くことができるように、取り除いたホッチキスの針をある程度の本数保持した上で、まとめて捨てることができるようにしたものもある。

画鋲用[編集]

掲示されているポスターなどを固定している画鋲を取り外すための道具。画鋲抜き。

本体は一定の角度で折れ曲っており、一方の先端には溝が切ってある。画鋲を外す場合には、画鋲が固定されている部分(など)と画鋲の針との間に除針器の溝の部分を差し込み、てこの原理を利用して画鋲の頭の部分を起こしながら取り除く。

プラスチックケース入りの二重画鋲などの商品では、販売時に画鋲抜きがセットとして封入されているものもある。

関連項目[編集]