陣ヶ下渓谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
陣ケ下渓谷公園
Jinngasitakeikoku.jpg
陣ケ下渓谷
分類 都市公園(風致公園)
所在地
座標 北緯35度28分09秒 東経139度33分58秒 / 北緯35.46917度 東経139.56611度 / 35.46917; 139.56611座標: 北緯35度28分09秒 東経139度33分58秒 / 北緯35.46917度 東経139.56611度 / 35.46917; 139.56611
面積 15.1ha
運営者 横浜市
告示 1992年平成4年)7月24日
公式サイト 陣ケ下渓谷公園(横浜市保土ヶ谷区役所)

陣ヶ下渓谷(じんがしたけいこく)は、横浜で唯一「渓谷」と呼ばれている帷子川の支流にあたる市沢川の渓谷。

地理[編集]

鎌倉時代源頼朝御家人である和田義盛の陣を張ったのでこの名が付けられたとされる[2]環状2号線が通るのに伴い、都市公園風致公園)として整備された。2004年(平成16年)4月、陣ヶ下渓谷公園として公開された[3]

横浜市水道局西谷浄水場の周囲に広がる保土ヶ谷区の住宅街の中にあり、西側の台地上には県営西原住宅団地や公団くぬぎ台団地等の大規模住宅地が密着し、下流に当たる北側には相鉄本線相模鉄道)、国道16号、帷子川本流が東西に走っている[4]。林のなかではいたるところで湧き水がわき、横浜という都市部にもかかわらず、ある程度きれいな流れを保っている。ただし、前述のとおり上流は住宅地であるために生活排水もまぎれており、冬場など湧き水の少ない時期では泡がたつこともある。

明確な源頭といいうる地点は知られておらず、周辺の民有地や住宅地からの雨水、横浜市水道局西谷浄水場から出る雨水等の濾過水、保土ヶ谷高校遊水池からの流入水などを水源としており、周辺が住宅地や環状2号線として開発される以前は地下水からの湧出を水源としていたと考えられている[5]

陣ヶ下高架橋[編集]

陣ヶ下高架橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 横浜市
交差物件 帷子川水系二級水系
設計者
施工者
向山辰夫・篠原修杉山和雄大野美代子・伊東靖
建設 横浜市道路建設事業団
構造諸元
形式 PC中空床版連続ラーメン橋
全長 164.0m / 206.0m / 215.0m / 237.3m
最大支間長 29.0m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

環状2号線の高架道路を陣ヶ下渓谷の上を通すために建設された高架橋。形式はPC中空床版連続ラーメン橋[6]。建設にあたっては、渓谷の森を損ねないために上下線を分離して森の中への日照を確保し、基礎も深礎基礎とした。その結果、上下線の間の空間から、森にもともと生えていた木が地上からそのまま伸びて姿をあらわしている。円柱の橋脚は船底曲線断面の桁と接合され、土木学会デザイン賞2003の受賞時の講評では「優美なコンクリートの造形…柱の造形は巨大な茸を思わせ、森の自然との違和感が」[7]なく、風致公園の構成要素となっていることが評価された。2001年(平成13年)度に土木学会田中賞[6]、土木学会デザイン賞2003年度最優秀賞[7]を受賞。

ギャラリー[編集]

周辺[編集]

見どころ[編集]

  • 西谷浄水場(水道山)
  • 水道記念館 - 1987年(昭和62年)開設。1887年(明治20年)に出来た日本最初の水道「横浜水道」の博物館
  • 水道技術資料館
  • 円座農園

神社仏閣[編集]

  • 川島杉山神社 - 川島町の鎮守。渓谷の北東側高台に鎮座。
  • 妻恋稲荷 - 川島杉山神社より南西方約100mの所に鎮座。
  • 上星川杉山神社 - 上星川の鎮守。
  • 富士山神社 - 西谷町の鎮守で、上星川杉山神社より分社。境内に西谷富士と呼ばれる富士塚がある。
  • 正観寺観音堂 - 旧小机領33観音霊場第5番札所。
  • 随流院 - 旧小机領33観音霊場第6番札所。
  • 妙福寺
  • 東光寺

交通[編集]

  • 上流側
    • 相模鉄道和田町駅から相模鉄道バス「浄水場裏」下車徒歩10分。
    • 相模鉄道バス「西原住宅入口」下車徒歩5分
    • 駐車場20台1時間100円(陣ヶ下渓谷公園)
  • 下流側

脚注[編集]

  1. ^ 以下、本表内の記載は次の情報源による。横浜市 都市公園一覧表 (平成26年3月31日現在)(保土ヶ谷区) (Microsoft Excel)”. 横浜市. 2014年8月6日閲覧。
  2. ^ 「陣ケ下渓谷公園」までのご案内”. 横浜市. 2014年8月6日閲覧。
  3. ^ 横浜市 都市公園一覧表 (平成26年3月31日現在)(保土ヶ谷区) (Microsoft Excel)”. 横浜市. 2014年8月6日閲覧。
  4. ^ 陣ケ下渓谷公園”. 横浜市. 2014年8月6日閲覧。
  5. ^ 陣ヶ下渓谷の源流はどこ?”. はまれぽ.com (2012年7月13日). 2015年10月14日閲覧。
  6. ^ a b 田中賞作品部門受賞一覧(平成13年度)”. 土木学会. 2014年8月6日閲覧。
  7. ^ a b 最優秀賞 : 陣ヶ下高架橋”. 土木学会デザイン賞2003. 土木学会. 2014年8月6日閲覧。

関連項目[編集]