附置義務駐車場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
附置義務駐車場

附置義務駐車場(ふちぎむちゅうしゃじょう)とは、駐車場法第20条に基づき定められた地方公共団体条例により、一定規模以上の建築物の新増設の際に義務として整備された駐車場施設。

国土交通省では、「標準駐車条例」を通達し、地方公共団体による条例規定を促進。平成17年度3月末現在、199都市で制定されている。

駐車場法上の駐車場の分類には、主として、都市計画駐車場、届出駐車場、付置義務駐車場、路上駐車場などがある。

駐車場整備状況(全国)[編集]

平成16年度 2,104,894台