陀羅尼助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フジイ陀羅尼助丸(吉野山)

陀羅尼助(だらにすけ)とは日本古来の民間薬医薬品(現在のリスク区分では第2類医薬品もしくは第3類医薬品に分類される)。単にだらすけとも呼ばれる[1][2]

概要[編集]

洞川温泉奈良県)の陀羅尼助販売店

陀羅尼助の由来は、強い苦みがあるため、僧侶陀羅尼を唱えるときにこれを口に含み眠気を防いだことからと伝えられる[1][2]。陀羅尼助は和薬の元祖ともいわれ、伝承によれば、1300年前(7世紀末)に疫病が大流行した際に、役行者(役の小角)がこの薬を作り、多くの人を助けたとされる[3]。古くは吉野山(吉野町)および洞川(どろがわ、天川村)に製造所があり、吉野山や大峯山への登山客、行者参りの人々の土産物となっていた[2][4]

丸薬状にしたものは、陀羅尼助丸であるが、服用のし易さから現在ではこちらが製造の主流となり入手が容易である。

成分[編集]

主成分のオウバク

オウバク(黄蘗、キハダ)を主成分とし[1]、製法はオウバクの皮を数日間煮詰めて延べ板状にする[2]

丸薬は、オウバクの皮の粉末とセンブリなどの粉末とを混ぜ合わせて精錬したもの[2](副成分は製品によって異なりセンブリの他、ゲンノショウコゲンチアナエンメイソウなどを含む)。

効能効果[編集]

  • 陀羅尼助(板状)は、下痢止めとして用いられる[5]
  • 陀羅尼助丸(粒状)は、胃腸薬として用いられる[1]。食欲不振、腹部膨満感、消化不良、食べ過ぎ、飲み過ぎ、二日酔等。

販売元[編集]

オウバクを主成分とする伝統薬であり、特に製造が特許に保護されていることもないため複数の製造所がある。また製造所によってオウバク以外の成分が少しずつ異なる。これら製造所は各地の特に歴史のある山の近傍に製造元があるが、現在、陀羅尼と名のつくものとしては以下のものがある。

奈良県
フジイ陀羅尼助丸(吉野山
陀羅尼助丸(大峰山
和歌山県
大師陀羅尼助・大師陀羅尼錠(高野山
愛媛県
石鎚山陀羅尼丸(石鎚山

なお、オウバクエキスを主成分とする伝統薬としては百草百草丸などがある。

長野県
御岳百草丸、御嶽山百草(御嶽山
鳥取県
大山煉熊丸(大山

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 清水藤太郎 『日本薬学史』 南山堂、1971年(原著1949年)、1971年復刻、p.158。
  2. ^ a b c d e 吉野町史下巻(昭和47年)p.101
  3. ^ 陀羅尼助(だらにすけ)とは”. 銭谷小角堂. 2010年4月30日閲覧。
  4. ^ 吉野山には江戸時代末期には5戸の製造所があったが、現在はフジイ陀羅尼助丸のみ残る(吉野町史より)
  5. ^ フジイ陀羅尼助丸の商品説明より[1]

関連項目[編集]