コンテンツにスキップ

阿野頼全

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

阿野 頼全(あの らいぜん/よりまさ、生年不詳 - 建仁3年7月16日1203年8月24日))または源 頼全は、鎌倉時代

源頼朝の異母弟で、源義経の同母兄である阿野全成の三男。源義朝の孫。は播磨公[1]または播磨房[2]

略歴[編集]

建仁3年(1203年)6月23日、将軍源頼家への謀反の疑いで捕らえられていた父全成が誅殺される。翌24日、在京する頼全を誅殺せよとの命令を京の源仲章佐々木定綱に下すために大江能範が上洛。同年7月16日、頼全は京都の東山延年寺在京御家人によって誅殺された[3][4]

関連作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ 吾妻鏡』建仁3年(1203年)7月25日条
  2. ^ 『国立国文研究』 1926, p. 251.
  3. ^ 『史料京都の歴史10』 2003, p. 268.
  4. ^ 20世紀日本人名事典. “源頼全とは”. コトバンク. 2022年2月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『史料京都の歴史10』(2003年、京都市)
  • 『国立国文研究』(1926年、雄山閣)