阿部裕行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阿部 裕行
あべ ひろゆき
生年月日 (1956-03-06) 1956年3月6日(66歳)
出生地 日本の旗 東京都小金井市
出身校 日本大学法学部新聞学科
所属政党 無所属

当選回数 4回
在任期間 2010年4月21日[1] - 現職
テンプレートを表示

阿部 裕行(あべ ひろゆき、1956年3月6日 - )は、日本政治家東京都多摩市長(第19-22代)。

概要[編集]

東京都小金井市生まれ。日本大学法学部新聞学科卒業。1979年日本新聞協会に就職。

2002年3月4日、多摩市長の鈴木邦彦が辞職[2]。これに伴って4月21日に行われた市長選挙に民主党の推薦と社民党の支持を受けて出馬するも次点で落選[3]

2009年、日本新聞協会の事務局次長兼経営業務部長に就任。多摩第二小学校PTA会長や多摩市青少年問題協議会第二地区委員会会長(2004年 - 2010年)、内閣府に設置された「少子化への対応を考える有識者会議」委員や「男女共同参画推進連携会議」議員などを務めた[4]

2010年4月、民主共産社民ネットの推薦を受けて多摩市長選挙に立候補し初当選を果たした。革新系首長の誕生は、多摩市においては前身の町村時代を含めても史上初である。多摩市議会では日本共産党が与党勢力に加わっているが、一部を除き保守系会派・議員も予算案や条例案などに賛成する傾向にある[5]

2013年12月の記者会見で任期満了に伴い実施される市長選に再選出馬を表明[6]2014年4月の同市長選には政党推薦を受けずに臨み、31,828票の得票で再選された[7]。2018年4月、3選。2022年4月、4選。

市政[編集]

  • 財政健全化、市職員給与問題(総人件費削減)、待機児童解消、ESD(持続可能な開発のための教育)推進(市立の小・中学校全27校がユネスコスクール加盟[8])などに取り組む[9]
  • 多摩市非核平和都市宣言[10]、多摩市公契約条例[11]、多摩市女と男の平等参画を推進する条例[12]などを市議会に提案し制定された。
  • 地域企業や関係団体との連携では、東京ヴェルディ1969との「まちづくりの推進に関する基本協定」締結と市立陸上競技場の活用[13]京王電鉄との「地域発展の推進に関する包括連携協定」に基づく多摩ニュータウン地域での移動販売開始[14]東京都都市再生機構(UR)と連携した多摩ニュータウン再生検討会議の開催[15]などを推進した。
  • 多摩市長として平和市長会議、脱原発をめざす首長会議[16]、にっぽん子育て応援団[17]に参画している。
  • 2020年6月、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、自身の7月から9月までの月額給与を20%減額する条例案を市議会定例会に提出した。浦野卓男、田代純子両副市長については10%減額する。6月11日、同条例案は可決された[18]

著書[編集]

  • 男と女で「半分こ」イズム(育時連編・著)
  • PTA改革
  • 育児で会社を休むような男たち(育時連編・著)

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
渡辺幸子
多摩市旗東京都多摩市長
2010年 -
次代
現職