阿部登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿部 登(あべ のぼる、1950年12月10日[1] - 2010年11月28日)は、音楽プロデューサーブルースミュージシャン大西ユカリのマネージメント全般を行うプロダクションの社長兼マネージャー。大阪の野外コンサート「春一番」の舞台監督、プロデューサー(第2回より参加)。ミュージシャンとして活動をする際は平仮名表記の「あべのぼる」。

経歴[編集]

大阪府大阪市阿倍野区生まれ[2]。高校卒業後[3]、1969年に上京[4]。東京で山下洋輔トリオのマネージャーとして働いた後、1972年秋に大阪に戻り[5]、大阪・なんば元町にあったコーヒーハウス「ディラン」(店主・大塚まさじ)を拠点に活動。大塚まさじらのザ・ディランIIのマネージメント及びレコードのプロデューサーを担当する傍ら、福岡風太らとともに、野外コンサート「春一番」の舞台監督、プロデューサーを務める[6][7]

1974年にザ・ディランIIが解散後、1975年に北京一、チャールズ清水、永本忠、ベーカー・土居、石田長生山岸潤史、砂川正和、国分照幸が結成したブルースバンド、ソー・バッド・レビューのマネージメントを担当[8]。その後、西岡恭蔵、大塚まさじ、石田長生らとオレンジレコード(オレンジレーベル)設立。今日のインディーズレーベルの先駆けとなる。

大西ユカリらのマネージメントを担当し、2003年2月、大西のマネージメント全般を行う会社「株式会社ハッスル」を設立し、代表取締役社長に就任。コンサート・ライブの企画、制作などを続けた。毎年12月2日間の日程で開催される恒例の誕生会のライブには、金子マリ宮里ひろしら多くのミュージシャンが駆けつけた。

2008年春、あべのぼるとマジックアニマルズとして、CD「Magic ANIMALS」(アジアレコード)を発表。同年3月15日、ゴンチチがDJを務めるNHK−FMの音楽番組で収録曲が放送された。

2009年には名古屋での春一番応援ライブに出演するなど、春一番のプロモーションにも力を入れる傍ら、各地で豊田勇造いとうたかお、光玄、AZUMIらと共演。

2010年11月28日、肺炎のため死去[9]

参考文献[編集]

  • 上田賢一(聞き書き)『あべのぼる自伝 1969年、新宿PIT INNからはじまった』K&Bパブリッシャーズ、2012年。ISBN 978-4-90280034-0

[編集]

  1. ^ 『あべのぼる自伝 1969年、新宿PIT INNからはじまった』23頁。
  2. ^ 『あべのぼる自伝 1969年、新宿PIT INNからはじまった』22頁。
  3. ^ 『あべのぼる自伝 1969年、新宿PIT INNからはじまった』134頁。
  4. ^ 『あべのぼる自伝 1969年、新宿PIT INNからはじまった』50頁。
  5. ^ 『あべのぼる自伝 1969年、新宿PIT INNからはじまった』110頁・114頁。
  6. ^ 「福岡風太と喫茶〈ディラン〉の時代」- 井口啓子の西日本ロック紀行 No. 147 OOPSコラム 2007年5月2日
  7. ^ 『あべのぼる自伝 1969年、新宿PIT INNからはじまった』115頁。
  8. ^ 「〈春イチの阿部チャン〉のリアル・ブルースを聴け!」 - 井口啓子の西日本ロック紀行 No.194 OOPSコラム 2008年4月2日
  9. ^ 毎日新聞 2010年11月30日地方版

外部リンク[編集]