阿部正豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿部 正豊(あべ まさとよ、生年不明 - 天文4年12月5日1535年12月29日))は、戦国時代武将三河松平氏の家臣。通称は弥七郎阿部定吉の嫡男。

生涯[編集]

三河松平氏の家臣・阿部定吉の嫡男として誕生。

天文4年(1535年)、西三河を平定した松平清康が叔父の松平信定を征伐するため尾張国守山に着陣していたが、定吉が織田信秀に内通して謀反を企んでいるという噂が上がり、場合によっては清康から粛清される懸念を定吉から聞かされた正豊は、二心なき旨を記した清康宛ての誓紙を渡されていた。その翌日、本陣で馬が嘶く音を聞いた正豊は、清康が父を成敗したと勘違いし[1]、本陣にいる清康を斬り殺害した。正豊は本陣にいた植村氏明に即座に斬殺された(森山崩れ)。この騒動において父・定吉は正豊の所業を知り自害しようとするが清康の嫡男・松平広忠はこれを許した。

なお、明治35年(1902年)、村岡素一郎[2]は著書『史疑徳川家康事蹟』において、森山崩れの逸話は後年に徳川氏が作ったものとし、正豊が斬ったのは清康の孫・松平元康(徳川家康)であり、しかもそれは永禄3年(1560年)12月5日の事であり、それ以後の徳川家康は世良田二郎三郎元信という影武者とする説を提示している(詳しくは徳川家康の影武者説参照)。

脚注[編集]

  1. ^ 実際は手違いで家臣が馬小屋に繋いでいた馬を放していた。
  2. ^ 村岡は正式な歴史家ではなく地方官吏でたまたま家康にゆかりが深い土地に派遣されたため、資料を調べてこの説を提示した。

関連項目[編集]