阿部正浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿部 正浩
生誕 (1966-04-10) 1966年4月10日(53歳)
研究機関 (機関)中央大学
研究分野 労働経済学
母校 慶應義塾大学学士修士博士
受賞 日経・経済図書文化賞2006年
テンプレートを表示

阿部 正浩(あべ まさひろ、1966年4月10日[1] - )は、日本経済学者中央大学教授労働経済学。第49回日経・経済図書文化賞受賞。

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

主な共著[編集]

  • 日本経済の構造調整と労働市場(日本評論社)1999年
  • 日本企業の人事改革―人事データによる成果主義の検証(東洋経済新報社)2005年
  • 労働市場設計の経済分析―マッチング機能の強化に向けて (経済政策分析シリーズ)(都留康と共著)(東洋経済新報社)2005年

論文[編集]

  • 「誰が育児休業をとるのか―育児休業制度普及の問題点」『子育て世帯の社会保障』所収(国立社会保障・人口問題研究所編)2005年
  • 「企業と労働者にミスマッチが生じる理由―求められるミスマッチ解消に向けた労働市場の整備」『勤労者福祉』所収(全国勤労者福祉振興協会)2003年
  • (2002)"Corporate Governance structure and Employment Adjustment in Japan: An Empilical Analysis Using Corporate Finance Data,"Industrial Relations

他多数。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.295