阿部川キネコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
阿部川 キネコ(あべかわ キネコ)
生誕 ????8月6日
日本の旗 日本 宮城県仙台市
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1995年頃 -
ジャンル ストーリー漫画4コマ漫画
代表作辣韮の皮〜萌えろ!杜の宮高校漫画研究部〜
『姫武将政宗伝 ぼんたん!!』他
公式サイト yellow cat studio
テンプレートを表示

阿部川 キネコ(あべかわ キネコ、8月6日 - )は、日本漫画家宮城県仙台市出身。しし座のB型。

概要・人物[編集]

商業誌デビュー作は、『魔動王グランゾート』のパロディショート作品「3月うさぎは恋してる」[1]。現在は一般誌を中心とした活動をしているが、2000年頃まではショタ・BLモノ中心での活動であった。『辣韮の皮〜萌えろ!杜の宮高校漫画研究部〜』や『ビジュアル探偵明智クン』のようなギャグを中心とした作品、『WAKIWAKIタダシさん』『ミス&ミセス』などのほのぼのとした作品、『お菓子な片思い』のシリアスな描写など掲載誌によって書き分ける幅広い作風を持つ。また絵柄の幅がかなり広く、『お菓子な片思い』では少女漫画風の絵柄、『パンクかあさんとロリータむすめ』では切り絵風、『ミス&ミセス』では高野文子を彷彿させるような描画をしている。本人ブログによると話の内容に合うような絵柄にする為に作品によって画風を変更するなど工夫をしているとの事。

『ミス&ミセス』が平成18年度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品となる。また2007年放送のアニメ、『大江戸ロケット』のキャラクターデザインチームの一員でもある。また『シルバー仮面』のリメイク版映画である『シルバー假面』にエキストラとして出演もしている[2]

自身を漫画内やコミックス折り返しにキャラクターとして登場させる際には、「キネコ=黄」という洒落で、黄色い髪の猫耳頭を持つ3頭身の女性マスコットとして描く。3頭身のネコ繋がりで、『ドラえもん』風に腹部にポケットを着けた黄色い身体で描くことも多い。自称として「キネコ」をロシア風にもじった「キネコフ」を名乗ることもある。

代表作『辣韮の皮〜萌えろ!杜の宮高校漫画研究部〜』は、2003年ドラマCD化されている(3巻初回版に付属)。この作品の単行本折り返しには、毎回コスプレをした状態の著者近影が掲載されている。女性漫画家で作者本人の肖像写真を一般に公開しているのは、比較的珍しい例である。

同業漫画家のふくやまけいこと交流が深く、特に『辣韮の皮』の単行本化の際は同作品中のキャラ「八乙女泉」の作品、と称したゲスト寄稿が度々登場している。その他いくつかの単行本にゲストとして寄稿している桑田乃梨子とも交友が深いようである。

連載中の作品[編集]

イラスト作品[編集]

既刊本リスト[編集]

リンク先のある作品についてはリンク先を参照。

  1. ISBN 481245929X (2004年3月)
  2. ISBN 4812463009 (2005年11月)
  • 「ビジュアル探偵明智クン!!」全2巻(芳文社
  1. ISBN 4832275356 (2005年4月)
  2. ISBN 9784832276338 (2007年5月)
  • 「お菓子な片想い」全2集(竹書房)
  1. ISBN 4812462479 (2005年9月)
  2. ISBN 9784812467039 (2007年7月)
  1. ISBN 9784344809901 (2007年5月)
  2. ISBN 9784344813083 (2008年4月)
  3. ISBN 9784344815902 (2009年3月)
  4. ISBN 9784344819573 (2010年5月)
  5. ISBN 9784344823570 (2011年12月)
  1. ISBN 9784403619076 (2008年7月)
  1. ISBN 9784253152747(2011年5月)
  2. ISBN 9784253152891(2012年6月)
  3. ISBN 9784253152921(2013年3月)
  4. ISBN 9784253152938(2013年12月)
  • 「パンクかあさんとロリータむすめ。」既刊1巻(双葉社)※『まんがタウン』で最終回は迎えたが続刊未定。
  1. ISBN 9784575943665(2012年11月)

出典[編集]

  1. ^ 本人単行本『WAKIWAKIタダシさん』1巻巻末折り返しに表記。
  2. ^ 本人単行本『辣韮の皮〜萌えろ!杜の宮高校漫画研究部〜』5巻あとがき他。

外部リンク[編集]