阿部将翁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿部 将翁(あべ しょうおう、生年不詳 - 宝暦3年1月26日1753年2月28日))は江戸時代本草[1]である。

名は照任または輝任、通称は友之進、本草学の実際的知識に秀でており、また、書物をあまり残さなかったため、その前半生には諸説ある。新渡戸仙岳によると、盛岡藩閉伊通豊間根村(現 岩手県山田町)の出身で、豊間根一族の出であるという[2]

延宝年間(1673-81年)に大坂に向かう船が台風で難破し、清国に流れつき清国で医術、本草学を学んで帰国したとされる説(東条琴臺の『先哲叢談続編』)や、密航して清国に渡った説、長崎で清国人、オランダ人に本草学を学んだする説などがある[3]

享保6年(1721年)、幕府に雇われて採薬使となり、野呂元丈らと各地に採薬旅行を行った。享保12年(1727年)、陸奥国釜石の仙人峠磁鉄鉱を発見したとされ、釜石鉱山が開かれるもととなった。「採薬使記」「御薬草御用勤書覚」などの記録を残した。幕府の命により薬園を開き、将翁が監督した。対馬藩から献上された朝鮮人参の生根、種子から栽培に成功した。弟子に田村藍水がいる。享年は88とも104ともされる。

脚注[編集]

  1. ^ 『江戸時代人物控1000』、山本博文監修 小学館2007年、16頁。ISBN 978-4-09-626607-6 
  2. ^ 南部叢書』 第十冊 「南部藩人物史資料」
  3. ^ 曾孫に本草学者、安部善任がおり友之進の名で、後に将翁を名のり、伝記の混乱のもとになった。 「本草家 阿部輝任とその著作」中田吉信(pdf)

参考文献[編集]

  • 『江戸期のナチュラリスト』木村陽次郎(著) 、朝日新聞社 (1988/10) ISBN 4022594632