阿部孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿部 孝(あべ たかし、1895年 - 1984年)は、英文学者高知大学名誉教授。 岩手県花巻川口町(現:花巻市)出身。

現在の花巻市鼬弊(いたちべい)にある稲荷神社神主の家に生まれる。花城尋常小学校(現・花巻市立花巻小学校)から旧制岩手県立盛岡中学校に進学。小学校では宮沢賢治より1学年上、中学校では同窓で、中学時代には親交を結んだ。賢治が詠んだ短歌には「這ひ松のなだらを行きて息吐ける 阿部のたかしは がま仙に肖る」という一首がある。

第一高等学校を経て、東京帝国大学英文科卒、旧制高知高等学校教授、戦後高知大学教授、学長を務めた。1966年『ばら色のばら』で日本エッセイストクラブ賞受賞。[1] 英国演劇が専門。

著書[編集]

  • 英国劇講話 三省堂 1929
  • ゴオルズワアジィ 研究社英米文学評伝叢書 1933
  • バリィ 研究社英米文学評伝叢書 1935
  • 英国戯曲史 研究社英米文学語学講座 1942
  • 甘口辛口 随筆 同学社 1956
  • 書のない書斎 高知大学教官随筆集 共著 高知市立市民図書館 1957
  • ばら色のばら 随筆 高知新聞社 1965

[編集]

  1. ^ http://sucra.saitama-u.ac.jp/modules/xoonips/detail.php?id=BKK0000759