阿部保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿部 保(あべ たもつ、1910年5月30日 - 2007年1月10日)は、日本の詩人美学者、英文学者、北海道大学名誉教授。

来歴[編集]

山形県生まれ。成蹊高等学校を経て、1933年東京帝国大学文学部美学美術史学科卒業、聖橋高等工学校講師、日本大学講師、成蹊高等学校教授、大倉経済専門学校教授、東京経済大学教授を経て、1951年、北海道大学文学部教授、1974年に定年退官した後は東京経済大学非常勤講師。

専門は美学だが、旧制高校在学中より自ら詩作を行った。第3次『椎の木』同人として百田宗治に師事したほか、エドガー・アラン・ポーウィリアム・ブレイクなど英語詩人の研究、翻訳を行った。しかし『エリオット詩論の研究』は、ジェイコブ・アイザックスの論を換骨奪胎したものだと批評され、以後、研究書は上梓せず詩集のみを出した。

著書[編集]

  • 紫夫人 詩集 河出書房, 1953
  • 冬薔薇 詩集 川崎書店新社, 1955
  • 蝶 詩集 公論社, 1958
  • T・S・エリオット詩論の研究 理想社, 1967
  • ギリシヤ 詩集 昭森社, 1969
  • 薔薇一輪 詩集 昭森社, 1978
  • 流氷 詩集 弥生書房, 1980
  • 夢の画廊で 詩集 弥生書房, 1985
  • 雪の露台 詩集 弥生書房, 1991
  • 花の麻酔 詩集 弥生書房, 1995
  • 白萩の記 彌生書房, 1998

翻訳[編集]

  • サロジニ・ナイヅー詩集 高田書院, 1944
  • 詩学 アリストテレス 碓氷書房, 1949
  • ポオ詩集 新潮文庫, 1956
  • ポオ詩集 弥生書房, 1967
  • 詩の原理 エドガア・アラン・ポオ 弥生書房, 1988

その他[編集]

1990年頃より、北海道銀行の封筒・ティッシュペーパー等のノベルティに、阿部保の作品「光の賛歌」が掲載されている。

外部リンク[編集]