阿満利麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

阿満利麿(あま としまろ、1939年12月20日[1]- )は日本の宗教学者明治学院大学名誉教授。専攻は宗教学、日本思想史。

人物[編集]

京都市生まれで、生家は西本願寺の末寺であった。京都大学教育学部卒業。1962年4月にNHK入局。教養番組のチーフ・ディレクター等を経て、1987年4月明治学院大学国際学部新設にともない国際学部教授として招聘。担当科目は「民族学(フォークロア)」、「仏教文化論」、「日本文化論」など。国際学部長、大学図書館長などを歴任した。2006年3月依願退職し名誉教授。

退職後、同志とともに「連続無窮の会」を創設し、同人。浄土宗真宗系の関係者によるシンポジウムや講演にも多く参加・関与している。

また、「念仏者九条の会」の呼びかけ人でもあり、憲法九条改正反対のための運動も行っている。

受賞歴[編集]

著作[編集]

  • 『中世の真実 親鸞・普遍への道』人文書院 1982 / 「親鸞・普遍への道」ちくま学芸文庫 2007
  • 『宗教の深層 聖なるものへの衝動』人文書院 1985 / ちくま学芸文庫 1995 
  • 『宗教が甦るとき』毎日新聞社 1986
  • 柳宗悦-美の菩薩』リブロポートシリーズ民間日本学者〉 1987
  • 法然の衝撃 日本仏教のラディカル』人文書院 1989、オンデマンド版2003 / ちくま学芸文庫 2005 
  • 『国家主義を超える 近代日本の検証』講談社 1994 / 「宗教は国家を超えられるか」 ちくま学芸文庫 2005
  • 『宗教の力』角川書店角川選書〉 1994
  • 『日本人はなぜ無宗教なのか』ちくま新書 1996
  • 『人はなぜ宗教を必要とするのか』ちくま新書 1999
  • 『法然を読む 「選択本願念仏集」講義』角川学芸出版〈角川叢書〉 1999 / 角川ソフィア文庫 2011
  • 『信に生きる 親鸞 仏教を生きる』中央公論新社 2000
  • 『社会をつくる仏教 エンゲイジド・ブッディズム』人文書院 2003
  • 『無宗教からの『歎異抄』読解』ちくま新書 2005
  • 『仏教と日本人』ちくま新書 2007
  • 『親鸞からの手紙』ちくま学芸文庫 2010
  • 『親鸞』ちくま新書 2011 
  • 『行動する仏教 法然・親鸞の教えを受けつぐ』ちくま学芸文庫 2011
  • 『法然入門』ちくま新書 2011
  • 『日本精神史 自然宗教の逆襲』筑摩書房 2017

訳書[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年