阿波和紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:和紙の画像提供をお願いします。2019年5月

阿波和紙(あわわし)は、徳島県吉野川市で製造されている和紙である。経済産業大臣指定伝統的工芸品。吉野川市の「手漉き和紙」としてとくしま88景に選定されている。

歴史[編集]

阿波和紙の起源は、阿波忌部氏によって始められたとされ、江戸時代には、幕府が各藩に産業を盛んにするように命じ、阿波和紙の製造は徳島藩の財源となった[1]

明治の最盛期には吉野川流域に500軒ほどの紙漉戸数が存在した[2]。そのうちの200軒は麻植郡山川町(現在の吉野川市山川町)に存在した。

1976年昭和51年)12月には、経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 徳島県・阿波和紙”. 全国手すき和紙連合会. 2019年5月24日閲覧。
  2. ^ 阿波和紙”. 徳島県. 2019年5月24日閲覧。