阿仁前田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿仁前田駅
温泉付駅舎
温泉付駅舎
あにまえだ
Ani-Maeda
桂瀬 (4.7km)
(1.9km) 前田南
所在地 秋田県北秋田市小又字堂ノ下
所属事業者 秋田内陸縦貫鉄道
所属路線 秋田内陸線
キロ程 25.2km(鷹巣起点)
電報略号 ニタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
59人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1935年(昭和10年)11月15日
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示

阿仁前田駅(あにまえだえき)は、秋田県北秋田市小又字堂ノ下にある、秋田内陸縦貫鉄道 秋田内陸線である。簡易委託駅

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。国鉄時代に一度交換設備が撤去されたが、CTC化に合わせて復活させた。

クウィンス森吉[編集]

クウィンス森吉
Quincemoriyoshi2016.jpg
形態 温泉付駅舎
料金 400円
営業時間 9:00 - 21:00
所在地 秋田県北秋田市小又字堂ノ下21-2
交通 秋田内陸線 阿仁前田駅0分
泉質 カルシウム・ナトリウム塩化物泉
開業年 1995年
※2017年にリニューアル
運営会社 ぶなの郷あきた株式会社
外部リンク クウィンス森吉
テンプレートを表示

駅舎に温泉保養施設「クウィンス森吉」が併設されている。秋田県内初の温泉付き駅舎となり、「温泉付きメルヘン調の3階建の駅舎」として、2002年(平成14年)、東北の駅百選に選定された。クウィンス(quince)は、旧森吉町の特産品マルメロの英語名から名付けられた。

2017年(平成29年)12月25日に5部屋36人の宿泊可能な施設が開業し、併せて洗面所やトイレも改修した。[2]

指定管理者は、2016年10月1日から2021年3月31日まで、ぶなの郷あきた株式会社。

  • 団体割引:15名以上
  • 食堂(3時間まで無料)
    • 平日:11時 - 14時、17時半 - 21時(ラストオーダーは20時)
    • 土日祝日:11時 - 21時(ラストオーダーは20時)
  • 宿泊施設
    • 10畳3室、14畳と28畳各1室
  • 駐車場 50台
  • 効能:神経痛、慢性婦人病、切り傷、やけど、筋肉痛、五十肩等
  • 休館日:原則 毎月第1、第3火曜日(第2、第4火曜日の月もあり)
  • シャンプー・ボディーソープ (有料)
  • 館内設備
    • 大広間、マッサージ機コーナー、麻雀ルーム、カラオケルーム、露天風呂、コインロッカー、売店

利用状況[編集]

年度 1日平均乗車人員
2016年(平成28年) 59

駅周辺[編集]

駅前

バス・乗合タクシー[編集]

路線バス

前田駅前バス停より秋北バスの路線バスが発着している。

乗合タクシー

阿仁前田駅前より、予約制の乗合タクシーが運行している[3]。(米内沢タクシー

※ 6月1日から10月末まで運行

隣の駅[編集]

秋田内陸縦貫鉄道
秋田内陸線
快速・普通
桂瀬駅 - 阿仁前田駅 - 前田南駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “内陸線、29日から全線運行 不通区間の復旧工事完了へ”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 秋田全県版. (2017年4月27日) 
  2. ^ 待望の宿泊事業始まる”. 北秋田市. 2018年2月4日閲覧。
  3. ^ 公共交通”. 北秋田市. 2018年3月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]