防己尾城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
防己尾城 / 吉岡城
鳥取県
防己尾城跡・遠景(湖山池公園)
防己尾城跡・遠景(湖山池公園)
別名 吉岡城, 亀山城
築城主 吉岡定勝
主な城主 吉岡氏(吉岡質休、吉岡右京道秀)
廃城年 天正9年(1581年)

防己尾城(つづらおじょう)は、因幡国高草郡(現在の鳥取県鳥取市金沢)にあった日本の城平山城)。

1579年天正7年)、因幡国の有力国人・吉岡将監定勝によって築かれ、1581年(天正9年)の羽柴秀吉による因幡侵攻に伴い落城、廃城となった。なお、防己尾(つづらお)という城名は江戸時代ごろに定着したものであり、天正年間には亀山城吉岡城と呼ばれた。

歴史[編集]

羽柴秀吉軍との間で激しい戦いが行われた三の丸跡

もともと吉岡氏は六反田の丸山城を本拠としていたが、1573年(天正元年)頃に箕上山城(標高297m)に本拠を移した。しかし箕上山城はあまりに峻険かつ深山だったため、前記1579年(天正7年)に防己尾城を築いて新たな本拠とした。

1581年の羽柴秀吉の鳥取城攻撃に際し、吉岡将監は防己尾城に拠って羽柴秀吉に対抗する。湖畔の小城一つと見くびった秀吉は3度にわたって手勢を差し向けるが、将監は変幻自在の戦法で秀吉の大軍を3度とも撃破している。特に2度目の防己尾城攻撃の際は、秀吉自慢の千成瓢箪馬印も打ち捨てられるほどの大勝だった。

力攻めは不利と悟った秀吉は兵糧攻めに切り替え、糧食つきた吉岡一族は降伏して城を出て、毛利氏の本拠である安芸国など諸国を放浪の末、因幡国にもどって帰農したと伝えられている。

構造[編集]

  • 湖山池に半島状に突き出した高さ38.8mの小丘に築城され、それぞれ独立した3つの丘を本丸・二の丸・三の丸とし、その周囲に階段状に数段の削平地=砦が設けられていた。3つの小丘は、堀切竪堀切岸で厳重に防御され、小さいながらも攻めるに難い城だったことがうかがえる。
  • 本丸と三の丸に挟まれ湖山池に面した東方平地に、小規模ながら町屋が形成されていたと考えられている。
  • 現在は城地は公園となっているが、土塁、曲輪跡、竪堀跡、切岸が明瞭に残っている。

関連項目[編集]