阪神浜田球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阪神浜田球場
阪神浜田球場 2013年8月1日撮影
阪神浜田球場の位置(兵庫県内)
阪神浜田球場
施設データ
所在地 兵庫県尼崎市大庄川田町
座標 北緯34度43分33.2秒
東経135度23分46.5秒
開場 1979年
閉場 2016年
所有者 阪神電気鉄道
使用チーム • 開催試合
阪神タイガース二軍(1979年 - 1994年)
収容能力
グラウンドデータ

阪神浜田球場(はんしん・はまだ・きゅうじょう)は、かつて兵庫県尼崎市大庄川田町に存在した阪神電気鉄道(以下、阪神電鉄)所有の野球場。開設当初は主にプロ野球阪神タイガース・二軍の練習および試合(ウエスタン・リーグ)に利用されていた。

概要[編集]

阪神タイガースの本拠地である、西宮市阪神甲子園球場より東方約3.5kmに位置し、入口は国道2号に面している。

隣接地には阪神バスの本社および浜田車庫(尼崎営業所)と、自動車整備工場「阪急阪神エムテック」尼崎工場といった同じ阪神グループの施設がある。かつてはボウリング場「ボウル阪神」(2013年1月27日営業終了)やファミリーレストラン等の飲食店も営業していた。

沿革[編集]

1979年開設当時の浜田球場 以前は阪神国道線の車庫であった。左は阪神バス浜田車庫。国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスを基に作成
フェンス解体工事中の浜田球場(2016年12月30日)

本球場の場所はそれまで、阪神電鉄の路面電車国道線・甲子園線)の車庫として使われていたが、1975年5月5日に国道線等の線路と共に廃止された。

廃止された車庫の跡地については当初、複数の大手スーパーからゼネコンを通じてショッピングセンター(SC)の開発計画が提案されたが、阪神電鉄でも詳細な市場調査の結果「勝算あり」と判断していた。

しかし当時は大規模小売店舗法の規制が厳しく、新たなSCの建設には行政と地元に対する事前協議が必要だった。尼崎市に打診したところ、当時申請が出ていた「つかしん」の審査が決着するまでの数年間は、新規の届け出は受け付けないとの回答だった。

そこで当時阪神タイガースの球団社長を兼ねていた、小津正次郎専務取締役の鶴の一声によりSC建設までの数年間、跡地を二軍の本拠地および練習場として使用することになり[1]1979年3月30日に本球場が竣工、使用開始された。

その後施設の老朽化やグラウンドの狭隘化などのため、甲子園球場南方約2.5kmの位置にある西宮市鳴尾浜に阪神鳴尾浜球場を建設することになり、1994年10月7日竣工、1995年に本拠地を移転した。[2]

移転後も球場自体は残され、地元の草野球少年野球の愛好家に開放されていた。末期は、老朽化のためボールカウンターランプは外された状態になっていた。

2016年をもって球場は閉鎖され、解体された。跡地には物販販売・飲食店舗が整備される予定となっている。[3]

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時の本拠地は、一軍と同じ甲子園球場。
  2. ^ この時、甲子園球場東側(西宮市甲子園七番町)にあった合宿所「虎風荘」も、鳴尾浜球場の隣に移転している。
  3. ^ 阪神浜田球場跡地の一部に物販販売・飲食店舗計画/6棟延べ1万3400平方㍍/K&K 建設ニュース 2018年8月16日
  4. ^ 旧・尼崎市交通局