阪本弥一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
阪本弥一郎

阪本 弥一郎(さかもと やいちろう、慶応元年6月14日[1]1865年8月5日) - 大正12年(1923年1月13日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会大同倶楽部中央倶楽部立憲同志会)。弁護士

経歴[編集]

備後国深津郡福山町(現在の広島県福山市)出身。英吉利法律学校(のち東京法学院、現在の中央大学)で学び、在学中の1890年明治23年)に代言人試験に合格し、翌年に卒業した。1893年(明治26年)より和歌山市に弁護士事務所を開業した。1898年(明治31年)には和歌山市会議員に選ばれた。1900年(明治33年)より弁理士破産管財人も務めた。

1902年(明治35年)、第7回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第10回第11回でも再選を果たした。

脚注[編集]

  1. ^ 『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  2. ^ 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。

参考文献[編集]

  • 鷹居匡 『第二十八議会衆議院議員写真列伝』 経済時報社、1912年