阪中香織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さかなか かおり
阪中 香織
プロフィール
本名 石川 香織(いしかわ かおり)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
生年月日 (1984-05-10) 1984年5月10日(33歳)
血液型 -
最終学歴 聖心女子大学文学部哲学科
職歴 日本BS放送アナウンサー
2007年 - 2011年)
活動期間 2005年7月 - 2011年(アナウンサーとして)
ジャンル 報道、バラエティ
配偶者 石川知裕(元衆議院議員
担当番組・活動

阪中 香織(さかなか かおり、1984年5月10日 - )は、元日本BS放送アナウンサー横浜市出身。「石川香織」名義で第48回衆議院議員総選挙に出馬した[1]

略歴[編集]

  • 聖心女子大学文学部哲学科卒業[要出典]テレビ朝日アスク出身。 書道2段、漢字検定2級を所有。
  • 学生時代に『みんなが出るテレビ』 (tvk)の女子大生リポーター、『News Access』(BS朝日)のキャスターとして出演。
  • 2007年4月に日本BS放送(BS11)に入社。当初は総合職として勤務し、同年12月のBS11の放送開始後はアナウンス業務も担うようになり、報道・バラエティ・ショッピング番組など多岐にわたるジャンルで活躍。こうした経緯から、2012年10月現在でも、阪中は同局では歴代で唯一の直接雇用正社員)アナウンサーである。
  • 2009年6月、父親で当時投資コンサルタント会社を経営していた阪中彰夫は、「ペイントハウス」社が2005年に実施した増資をめぐる問題で東京地検特捜部に偽計取引容疑で逮捕されてしまう[注釈 1]。父親の彰夫は2007年11月の時点で証券取引等監視委員会強制捜査を受けていたが、報道機関でもあるBS11にもこれらの情報は伝わっており、娘の香織は2009年春ごろにそれまで担当していた番組の降板を余儀なくされ、BS11の公式ホームページからプロフィールが削除される。
  • 2009年11月、アナウンサー職に復帰。以降『INsideOUT』などの報道番組に出演するようになる。それからまもなく、衆議院議員石川知裕と知り合う。石川議員は2011年9月26日、「陸山会事件」の東京地方裁判所での第一審判決で有罪判決を受けることとなるが、すでに石川議員と交際していた阪中は自身の仕事柄、交際相手の裁判のニュースを読まなければならず「平静を装うのに必死だった」という。
  • 2011年10月3日、石川議員と結婚[2][3]。阪中は担当番組をすべて降板し、BS11を退社した。
  • 現在は[いつ?]石川議員の選挙区である北海道帯広市に在住。
  • 2013年11月、第1子(長男)を出産した。
  • 2017年10月22日投開票の第48回衆議院議員総選挙に、石川知裕がかつて選出された北海道第11区から立憲民主党公認で「石川香織」名義で立候補[4]

出演番組[編集]

学生時代[編集]

BS11[編集]

他、番組や番組宣伝CMのナレーション、提供読みも担当

BS11退社後[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 父親の彰夫は一部メディアで自身の無実を訴えたものの、2010年2月18日、東京地裁で、懲役2年6月、執行猶予4年、罰金400万円、追徴金約3億100万円(求刑・懲役2年6月、罰金500万円、追徴金約9億6100万円)の有罪判決を受けた。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 石川香織「“悪党”小沢一郎の愛弟子と結ばれて 私があえて渦中の人を選んだわけ」、『婦人公論』第1349号、中央公論新社2012年5月22日2012年10月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]