闘魔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
闘魔
基本情報
本名 當麻 正惟
階級 スーパーフライ級
バンタム級
身長 171cm
体重 52kg
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1987-11-03) 1987年11月3日(33歳)
出身地 東京都
スタイル キックボクシング
テンプレートを表示

闘魔(とうま、1987年11月3日 - )は、日本男性キックボクサー。本名は當麻 正惟(とうま ただよし)。東京都出身。以前のリングネームはTO-MA新宿レフティージム所属。元M-1スーパーフライ級王者。元J-NETWORKスーパーフライ級王者。

来歴[編集]

2009年4月26日、R.I.S.E.でプロデビュー。RISING ROOKIES CUP 55kg級 1回戦で吉野幸喜と対戦し、KO負け。リングネームはTO-MAであった[1]

2009年9月27日、J-NETWORKTHE OUTSIDER出場経験のある内藤裕と対戦し、右ストレートでKO勝ち[2]。3戦目での初勝利となった。

2010年3月28日、J-NETWORKスーパーフライ級2位の萬田千晴と対戦し、2-0の判定勝ちを収めた[3]

2010年6月20日、J-NETWORKスーパーフライ級次期王座挑戦者決定戦で山野寛之と対戦し、2-0の判定勝ちを収め王座挑戦権を獲得した[4]

2010年8月22日、J-NETWORKスーパーフライ級王者ウエンツ☆修一に挑戦し、3-0の判定勝ちで王座を獲得した[5]

2010年11月14日、リングネームを闘魔に変更し[6]M-1スーパーフライ級王者関正隆に挑戦し、5RにテンカオによるTKO勝ちで2つ目の王座を獲得した[7]

2011年1月23日、REBELS.6で行なわれたWPMF日本スーパーフライ級王座決定戦でウエンツ☆修一と対戦し、3-0の判定勝ちで3つ目の王座を獲得した[8]

2011年7月18日、REBELS.8 & IT’S SHOWTIME JAPAN countdown-1で日本軽量級最強の呼び声高い藤原あらしと対戦し、0-2の判定負けを喫した[9]

2011年10月2日、THE PATH TO THE WORLD CHAMPION2011で行なわれたWBCムエタイ日本バンタム級王座決定戦で幸二郎と対戦し、3-0の判定勝ちで4つ目の王座を獲得した[10]

2011年11月13日、M-1ムエタイチャレンジ RAORAK MUAY FINALで行なわれたWPMF日本バンタム級王座決定戦で伊東拓馬と対戦し、3-0の判定勝ちで5つ目の王座を獲得した[11]

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
15 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
9 2 7 0 1 0
5 2 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 野呂裕貴 3R 1:02 TKO(左ハイキック) M-1ムエタイチャレンジ Sutt Yod Muaythai Vol.2 Part2 2012年6月24日
× 出貝泰佑 3R終了 判定0-4 REBELS.10 2012年1月22日
伊東拓馬 5R終了 判定3-0 M-1ムエタイチャレンジ RAORAK MUAY FINAL
【WPMF日本バンタム級王座決定戦】
2011年11月13日
幸二郎 5R終了 判定3-0 THE PATH TO THE WORLD CHAMPION 2011
【WBCムエタイ日本バンタム級王座決定戦】
2011年10月2日
× 藤原あらし 5R終了 判定0-2 REBELS.8 & IT’S SHOWTIME JAPAN countdown-1 2011年7月18日
ウエンツ☆修一 5R終了 判定3-0 REBELS.6
【WPMF日本スーパーフライ級王座決定戦】
2011年1月23日
関正隆 5R 2:14 TKO(テンカオ) M-1 FAIRTEX SINGHA BEERムエタイチャレンジ NAI KANOMTOM vol.4
【M-1スーパーフライ級タイトルマッチ】
2010年11月14日
ウエンツ☆修一 5R終了 判定3-0 J-NETWORK「FORCE for the TRUTH of J 4th」
【J-NETWORKスーパーフライ級タイトルマッチ】
2010年8月22日
山野寛之 3R終了 判定2-0 J-NETWORK「FORCE for the TRUTH of J 3rd」
【J-NETWORKスーパーフライ級次期王座挑戦者決定戦】
2010年6月20日
萬田千晴 3R終了 判定2-0 J-NETWORK「J-FIGHT in SHINJUKU 〜vol.13〜」 2010年3月28日
キョウヘイ・ゴールドライフジム 3R終了 判定1-1 REVELS 2010年1月23日
西川健太 3R終了 判定2-0 J-NETWORK「J-FIGHT 31」 2009年12月13日
内藤裕 2R 0:28 KO(右ストレート) J-NETWORK「J-FIGHT in SHINJUKU 〜vol.11〜」 2009年9月27日
× 憂希 3R終了 判定0-3 J-NETWORK「J-FIGHT in SHINJUKU 〜vol.10〜」 2009年7月26日
× 吉野幸喜 2R 2:59 KO(パンチ連打) R.I.S.E. 54 〜RISING ROOKIES CUP〜
【RISING ROOKIES CUP 55kg級 1回戦】
2009年4月26日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【ライズ】ルーキーズカップ開幕!修斗新人王・山上幹臣が準決勝へ進出 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年4月26日
  2. ^ 【J-NETWORK】K-1甲子園・戸邊はランカー喰い、アウトサイダー内藤はKO負け 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年9月27日
  3. ^ 【J-NETWORK】佐藤政人の首を刈るのは!?長嶋大樹と清川祐弥が決勝戦へ 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年3月28日
  4. ^ 【J-NETWORK】野杁正明、日下部竜也も祝福、大石駿介が王座獲得!スーパーバンタム級王者は水原 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年6月20日
  5. ^ 【J-NETWORK】黒田、シング、佐藤が王座防衛!TO-MAがウエンツを下して新王者に 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年8月22日
  6. ^ さよならTO-MA… 公式ブログ 2010年10月23日
  7. ^ 【M-1】名勝負続出!梅野源治、神村エリカ、闘魔が新チャンピオンに 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年11月14日
  8. ^ 【レベルス】渡部太基と闘魔が初代王座に就く!飯田なおプロ2連勝、立嶋篤史は敗れる 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年1月23日
  9. ^ 【レベルス】“最強”ペトロシアンが日菜太に完勝、梅野はムエタイ現役ランカーをKO 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年7月18日
  10. ^ 【WBCムエタイ】ムエタイ王者ジョムトーンがK-1王者・大和哲也に完封勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年10月2日
  11. ^ 【M-1】梅野源治がWPMF世界王座を獲得!タイ人王者を圧倒して3連続KO勝ち 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年11月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ウエンツ☆修一
第3代J-NETWORKスーパーフライ級王者

2010年8月22日 - 現在

次王者
N/A
前王者
関正隆
第2代M-1スーパーフライ級王者

2010年11月14日 - 現在

次王者
N/A
前王者
王座新設
初代WPMF日本スーパーフライ級王者

2011年1月23日 - 現在

次王者
N/A
空位
前タイトル保持者
藤原あらし
第3代WBCムエタイ日本バンタム級王者

2011年10月2日 - 現在

次王者
N/A
空位
前タイトル保持者
一戸総太
第2代WPMF日本バンタム級王者

2011年11月13日 - 現在

次王者
N/A