闇の声

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

闇の声』(やみのこえ)は、Cyc内のブランドBlack Cycの第1作として2001年6月8日に発売されたアダルトゲーム、およびシリーズの総称。ジャンルは痴態連鎖アドベンチャー(「闇の声異聞録」のみ言霊洗脳堕落遊戯アドベンチャー)。

概要[編集]

攻略キャラクターの性格・性癖が変貌する様を描く。

プレイヤーキャラクターである「小夜子」「K」等を、攻略キャラクターと接触させ"堕落"させるとイベントが発生する。一定以上"堕落"させた攻略キャラクターは、プレイヤーキャラクター同様に操作が可能になり、他のキャラクターと接触させて、双方の"堕落"の度合いを進行させることができる。

第1作に登場した中性的な顔立ちで女装に堕ちていく美少年「小泉冬姫」がダントツの人気を得て続編には女性化してしまう従兄弟の「小泉春樹」、女装の清水浩実、以後小泉性ではなくなるものの、3を除き女装する美少年が登場するのが恒例になっており、永久堕落付録のドラマCDでは、小泉一族が主役になっており、全て声優の深井晴花が担当している。

シリーズ[編集]

闇の声
2001年6月8日発売
闇の声II
2002年11月22日発売
舞台は洋館ではなく私立瑛光学園という学園。
闇の声 特別編
2003年3月28日発売
「闇の声」に新規CG、シナリオを加えたリメイク作品。
闇の声III 〜五芒三欲魔方陣〜
2003年12月19日発売
舞台は洋館ではなく私立瑛光学園の周辺。
闇の声異聞録
2005年4月7日発売
外伝作品。原画、シナリオ、音楽担当スタッフが、ほかの作品とは異なるほか、ゲームシステムも変更されている。
闇の声ZERO
2008年3月28日発売
時間系列は「闇の声」の前となる。小夜子とKの出会いが語られる。
小夜子
2011年1月28日発売
スピンオフ作品。

登場人物[編集]

シリーズ全般に登場する人物

小夜子(さよこ)
声 - 夕城粧子(「闇の声」「闇の声異聞録」)、一色ヒカル(「闇の声ZERO」、「小夜子」)
絶海の孤島にある古びた洋館の女主人。妖艶な外見。闇の力を操り人々を堕落させる。謎多き人物。
K(けい)
声 - みる
小夜子に仕えるメイドの少女。Black CycまたはCycブランドの看板娘としてホームページのあちこちに描かれている。

第一作登場のみ

水野 亜梨栖(みずの ありす)
声 - Ruru
学校サークルのリーダー的存在。いつも元気にみんなを引っ張っていく。
八代 萌(やしろ もえ)
声 - 咲ゆたか
亜梨栖の昔からの友人。
佐原 喜美江(さはら きみえ)
声 - Yuki-Lin
サークル顧問の先生。サークルの旅行ということで引率を頼まれる。
太刀川 七海(たちかわ ななみ)
声 - 花芽原れんげ
船に密航していた少女。
土屋 剛也
声 - 後野祭
今回の小旅行を発案した本人。そのための船も提供した。その目的の大半は、同行している女性陣を口説くことにあったようだ。直情径行型で、時折強引さが鼻につくこともあるが、根が素直なのでどこか憎めない。第一作登場のみとあるが後のスピンオフ作品の「小夜子」にも年老いた姿で登場する。
久保 慎二郎
声 - 広野大地
学校の先生、喜美江の同僚。真面目で研究一筋なため、あまり他人と外で遊ぶようなことはしないが、今回はちよっと気になる存在である喜美江に誘われたため、珍しく参加したらしい。

関連作品[編集]

夏の孤島と闇の声
ゴア・スクリーミング・ショウのソフマップ予約特典。ゴア・スクリーミング・ショウのヒロイン3人が堕落していく。
闇の声 永久堕落BOX
当シリーズのコレクションボックスで、闇の声ZEROと同時発売。収録作品は以下の通り。
  • 闇の声
  • 闇の声II
  • 闇の声 特別編
  • 闇の声III 〜五芒三欲魔方陣〜
  • 闇の声ZERO
  • 夏の孤島と闇の声
  • 闇の声堕落のススメ
    • 過去作品の攻略データやドラマCDなどを収録。
  • 闇の声特別小冊子『魅惑の闇の書』
    • 闇の声異聞録は収録されていない。

スタッフ[編集]

  • 企画・シナリオ:幻咲也(「闇の声異聞録」以外)、和泉万夜(「闇の声II」・「闇の声異聞録」)
  • キャラクターデザイン・原画:上田メタヲ(「闇の声異聞録」原画のみことみようじ
  • 音楽:麻貴

主題歌[編集]

暗闇を讃える者たちへ
作詞・作曲:谷上純三 (CUBE) / 歌:金田めい
「闇の声異聞録」主題歌
摘まれし花の如く
作詞・作曲・編曲:谷上純三 (CUBE) / 歌:海原エレナ
「闇の声ZERO」主題歌

関連項目[編集]

  • マタンゴ - 特撮映画。「闇の声」第1作の攻略キャラクター名は、この作品の出演俳優名にちなむ。また、原作であるウィリアム・H・ホジスンの小説の原題と、当シリーズの英訳名が共通(The Voice in the Night)である(ただし、ホジスンの小説は、一般に「夜の声」と訳される)。

外部リンク[編集]