関野義秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関野義秀 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム 関野義秀
国籍 日本の旗 日本
泳法 フィンスイミング
所属 AQUA FinD
生年月日 (1990-01-04) 1990年1月4日(30歳)
生誕地 神奈川県平塚市
身長 172cm
体重 71kg
テンプレートを表示

関野 義秀(せきの よしひで、1990年1月4日 - )は、日本の男子フィンスイミング選手。 AQUA FinD 所属。 400mサーフィス、800mサーフィス、4×200mサーフィスリレーおよび短水路800mサーフィスの日本記録保持者。

身長172cm、体重71kg。山羊座。血液型AB型

略歴[編集]

神奈川県平塚市出身。平塚市立なでしこ小学校平塚市立浜岳中学校神奈川県立秦野高等学校を経て、東京YMCA社会体育・保育専門学校スイミングスポーツ科スイミングコースを卒業。その後、鹿屋体育大学に第3年次編入学。卒業後は同大学院修士課程を修了。

2歳から神奈中スイミングスクールにて水泳を始め、小学1年時から選手育成コースに入る。競泳時代はずっと神奈中スイミングスクールにて過ごし、高校2年時にはリレーにて春季・夏季ジュニアオリンピックに出場したものの、高校3年に引退するまで秀でた結果はなかった。

フィンスイミングは高校3年だった2007年4月に、当時の競泳のコーチから勧められ取り組む。ひと月後、5月の日本選手権400mビーフィンにて当時の日本新記録を樹立して優勝したことから、アジア選手権に派遣される(ユース日本代表)。同年、アジア選手権(香港)では200mビーフィンで当時のアジア新記録を樹立して優勝[1]

2008年よりモノフィン競技に挑戦し、中距離種目を中心に大会に出場。2010年5月から所属チームを神奈中スイミングスクールからNAIA Finswimming Teamに変更。同年の日本選手権400mサーフィスにて優勝し、初めて正代表として日本代表入りを果たす。同年11月のアジア選手権(高雄台湾)では4×200mサーフィスリレーにて日本新記録を8年ぶりに更新。 翌年7,8月にかけて行われた世界選手権ホードメゼーヴァーシャールヘイハンガリー)、翌々年11月に行われたアジア選手権(ダナンベトナム)でも、4×200mサーフィスリレーの日本新記録をさらに更新。

また、2012年3月に行われた関東オープン大会(短水路)にて800mサーフィスの日本記録を樹立。同10月の学生選手権にて400mサーフィスの日本記録を樹立[2]

2013年5月に行われた日本選手権にて柿添武文(Delfino)にこの記録を塗り替えられるも、同年9月に行われたワールドカップゴールデンファイナル(ジュネーヴスイス)にて日本記録を奪還した。

2014年5月に行われた日本選手権大会では、200mサーフィス・400mサーフィスともに日本記録で優勝し、本大会の男子最優秀選手賞に選考され、2014年度の日本代表選手として選考された。アジア選手権(プーケットタイ)では、4×100mリレー、4×200mリレーの日本新記録を樹立した。

2015年1月に行われた関東オープン大会では、16年間破られていなかった堀内直の記録を更新し、自身初の短水路200mサーフィスの日本記録を樹立した。同5月に行われた日本選手権大会では200mサーフィス・400mサーフィス・800mサーフィスにて日本記録を樹立。前年に引き続き2年連続で男子最優秀選手賞に選考された。また、世界選手権、アジア選手権に日本選手団男子キャプテンとして出場し、4×100mリレー、4×200mリレーでは、日本新記録を更新した。

2016年5月に行われた日本選手権大会では、400mサーフィス・800mサーフィスにて優勝、200mサーフィスで準優勝し、日本代表選手として選考された。 また、TBS番組「炎の体育会TV」体育会水泳部のフィンスイミングメインコーチを務め、オードリー春日じゅんいちダビッドソン魔裟斗の指導を行い、体育会水泳部のマスターズ日本代表選出に貢献。


主な戦績[編集]

2007年[編集]

400m ビーフィン  3'47"60   優勝  日本新記録樹立
100m ビーフィン  47"   2位 
  • 第10回フィンスイミングアジア選手権大会 香港
200m ビーフィン  1'48"55  優勝  アジア新記録樹立 
100m ビーフィン  50"07   2位

2008年[編集]

200m CMASビーフィン  3位
100m CMASビーフィン  3位
 50m CMASビーフィン  3位
  • フィンスイミングワールドカップ第6ラウンド モスクワ大会
200m ビーフィン  1'49"61   5位
100m ビーフィン  49"90   6位
 50m ビーフィン  22"57   5位

2009年[編集]

200m CMASビーフィン  1'47"79  3位
400m サーフィス      3'36"24  4位

2010年[編集]

400m サーフィス      3'25"27   優勝 大会新記録  
200m CMASビーフィン  1'48"59   3位
  • 第12回フィンスイミングアジア選手権大会 高雄台湾
4×200m リレー   6'14"46   6位 日本新記録  
200m サーフィス 1'33"35    7位
400m サーフィス 3'24"66    8位

2011年[編集]

400m サーフィス  3'21"86   2位 日本新記録  
200m サーフィス  1'31"54   2位 
100m サーフィス  40"84    3位
4×200m リレー   6'11"00   10位 日本新記録
100m サーフィス   41"45   32位
400m サーフィス  3'23"15   24位 

2012年[編集]

800m サーフィス  7'05"67   優勝 日本新記録  
400m サーフィス  3'27"32   優勝 大会新記録
200m サーフィス  1'30"98   優勝 大会新記録
800m サーフィス  7'12"66   優勝
400m サーフィス  3'23"89   優勝  
200m サーフィス  1'31"94   2位 
400m サーフィス  3'20"82   優勝 日本新記録
4×200m リレー   6'10"51   4位 日本新記録
800m サーフィス  7'10"64   7位  
400m サーフィス  3'21"99   9位

2013年[編集]

400m サーフィス  3'24"35   優勝 大会新記録
200m サーフィス  1'30"75   優勝 大会新記録
400m サーフィス  3'22"58   3位  
800m サーフィス  7'11"16   10位  
400m サーフィス  3'19"87   10位 日本新記録
200m サーフィス  1'31"19   17位 

2014年[編集]

400m サーフィス  3'14"01   優勝 日本新記録  
200m サーフィス  1'29"35   優勝 日本新記録
100m サーフィス  39"75    4位
50m  サーフィス  18"04    4位
4×100m リレー   2'32"48   4位 日本新記録
4×200m リレー   6'04"74   4位 日本新記録
400m サーフィス  3'20"41   8位  
200m サーフィス  1'31"70   8位

2015年[編集]

200m サーフィス  1'28"62   優勝 日本新記録
100m サーフィス  39"07   優勝
800m サーフィス  6'51"99   優勝 日本新記録  
400m サーフィス  3'13"07   優勝 日本新記録  
200m サーフィス  1'28"48(リレー1泳)日本新記録
100m サーフィス  38"46    3位
  • 第15回フィンスイミングアジア選手権大会 台湾台北
400m サーフィス  3'15"80   5位  
800m サーフィス  6'58"62   4位
4×100m リレー   2'31"85   4位 日本新記録
4×200m リレー   5'58"01   4位 日本新記録
200m サーフィス  1'28"06(リレー1泳)日本新記録

2016年[編集]

800m サーフィス  7'02"79   優勝
400m サーフィス  3'14"39   優勝  
200m サーフィス  1'27"59   2位 日本新記録
4×200m リレー   5'59"37   優勝 大会新記録
200m サーフィス  1'27"16(リレー1泳)日本新記録
4×100m リレー   2'36"75   優勝 大会新記録

自己ベスト[編集]

水路 種目 距離 記録 樹立日 大会名 会場 備考
長水路 サーフィス 100m 38秒46 2015年5月10日 第27回フィンスイミング日本選手権 横浜国際プール
200m 1分27秒16 2016年5月4日 第28回フィンスイミング日本選手権 横浜国際プール
400m 3分13秒07 2015年5月10日 第27回フィンスイミング日本選手権 横浜国際プール 日本記録
800m 6分51秒99 2015年5月10日 第27回フィンスイミング日本選手権 横浜国際プール 日本記録
ビーフィン 400m 3分47秒60 2007年5月4日 第19回フィンスイミング日本選手権 横浜国際プール ユース記録
短水路 サーフィス 100m 38秒89 2014年3月8日 第10回フィンスイミング関東オープン 千葉県国際総合水泳場
200m 1分28秒62 2015年1月31日 第11回フィンスイミング関東オープン 千葉県国際総合水泳場 日本記録
400m 3分17秒55 2014年11月23日 第23回フィンスイミング短水路日本選手権 千葉県国際総合水泳場
800m 7分02秒74 2016年1月30日 第12回フィンスイミング関東オープン大会 千葉県国際総合水泳場

 

受賞歴等[編集]

  • 第27回フィンスイミング日本選手権大会男子最優秀選手賞(2015年)
  • 第26回フィンスイミング日本選手権大会男子最優秀選手賞(2014年)
  • 平成19年度最優秀ユース選手賞
  • 広畑賞(神奈川県立秦野高等学校 平成20年)
  • 2008・2009年度クラブ活動優秀賞(東京YMCA社会体育・保育専門学校)
  • 平成23年度横浜スポーツ表彰 スポーツ奨励賞(優秀選手):横浜市体育協会

その他[編集]

  • KTS"ナマ・イキVOICE"の七夕企画「ひこ星に会いたい2012」で、ひこ星の1人として選出された。(2012/7/7放送)

脚注[編集]

  1. ^ 日本人としてはアジア大会で歴代3人目の金メダル獲得。(『タウンニュース秦野版2007年10月4日号』より。)
  2. ^ 学生選手権にて日本記録が樹立されたのはこれが初めてである。

外部リンク[編集]