関谷清景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
関谷 清景
せきや きよかげ
関谷清景理学博士
生誕 関谷 鉉太郎
(せきや げんたろう)
(1855-01-28) 1855年1月28日
日の丸日本安政期) 美濃国歩行町
(現・岐阜県大垣市歩行町)
死没 (1896-01-08) 1896年1月8日(40歳没)
日本の旗 日本 神戸町板宿村
(現・兵庫県神戸市須磨区
禅昌寺町)
肺結核
国籍 日の丸日本
研究分野 地震学機械学火山学
研究機関 東京大学理学部機械工学科
地震学実験所
内務省地理局
帝国大学理科大学
出身校 東京開成学校(現・東京大学
主な業績 地震観測網の完成
震災予防調査会の発足
世界初の地震学教授
影響を
受けた人物
ジェームズ・アルフレッド・ユーイング
ジョン・ミルン
プロジェクト:人物伝

関谷 清景(せきや きよかげ、安政元年(1854年12月11日1855年1月28日) - 明治29年(1896年1月8日)は、日本地震学者。世界初の地震学教授。

概要[編集]

関谷清景は、安政元年(1854年)12月11日、大垣藩士関谷玄助の長男として歩行町(おかちまち 現・大垣市歩行町)に生まれる。幼名は鉉太郎(げんたろう)といった。清景は7歳の頃から藩校に通い、読書と習字を学んだ。また、早くから英学を習わされていたという。明治3年(1870年)、17歳のとき、大垣藩貢進生(こうしんせい)に選ばれ、大学南校(現・東京大学)に入学する。大学南校の教師はみな外国人で、外国語(英語ドイツ語フランス語)の教科書を使い、外国語で授業が行われた。大学南校は、明治7年(1874年)、清景21歳のときに東京開成学校となり、清景は工学本科の第1学年生となる。明治9年(1876年)、文部省派遣海外留学生として機械工学を学ぶため、イギリス留学することとなる[1][2]

明治13年(1880年)2月、横浜地震が発生、この地震の発生前から東京横浜外国人地震学者の間で、地震火山について議論するための学会設立の話が行われていた。同年4月、世界初の地震学に関する学会「日本地震学会|地震学会」が設立された。同時期、地震学会設立の中心人物の一人である、東京大学機械工学科教授ジェームズ・アルフレッド・ユーイング(James Alfred Ewing 1855-1935)の所に、准教授として関谷清景が雇い入れられた。日本での地震研究が必要と、神田一ツ橋(現・東京都千代田区)の大学構内に地震学実験所を建設し、同年暮れから地震計を設置して記録を取り始めた。清景はユーイングの地震観測のための補助役だった。清景の地震学者としての本格的な活動は、明治16年(1883年)30歳の頃である。『地震学一斑』という論文を発表、世界の地震学の遅れや地震計の製造・改良が急務だと主張した。同年6月、ユーイングがイギリスに帰国し、書き残した『地震験測論』という論文に、「地震観測の成功の多くは清景の尽力によるもので、帰国後のことを清景に託せたのは幸せなことである」と記している[3][2]

John Milne

ユーイングの帰国後、清景に影響を与えたのが鉱山学・地質学の教師、イギリス人のジョン・ミルン(John Milne 1850-1913)である。ミルンの発想や方針、そして分析の多くを吸収しながら地震学の研究に取り組んだ。その業績の一つが、日本全国にわたる「地震観測網」を作り上げたことであった。また、地震に関する知識の普及と啓蒙にも尽力している。清景31歳の時、全国の府県庁・郡区役所など約600か所に「地震報告心得」という文書が配布され、地震観測報告が東京気象台まで届けられるようになった。地震報告心得は、清景が作成した報告にあたっての注意事項で、地震動の強弱を、微・弱・強・烈の四種類に表して報告するよう求めている。日本における震度階の最初である。明治19年(1886年)、東京大学が帝国大学と改称され、清景は帝国大学理科大学教授に任用され、世界初の地震学教授となった[4][2]

明治24年(1891年)10月28日、岐阜県愛知県を中心とする濃尾地震が発生した。マグニチュードが8.0と推定されている大地震で、日本全土で揺れを体感するほどであった。清景は地震発生の翌日、故郷大垣などの被災地の人心を安定させるため『震災地方の人士に告ぐ』など、地震の特質などを執筆し、新聞社県庁警察署市役所町役場病院などに配布した。同年11月17日に清景は、地震研究の発展と震災予防措置の考究が必要であるとの考えから、国家事業として濃尾地震を徹底的に調査する委員会の設立を政府に対して建議している。翌明治25年(1892年)6月25日、文部省の機関として「震災予防調査会」が発足し、清景はその委員の一人に任命された。清景は、調査会の事業概要や活動方針の立案などに携わりながら、その基礎整備に尽力した[5][2]

経歴[編集]

  • 安政元年(1854年)12月11日 - 岐阜県歩行町(現・大垣市歩行町)に生まれる。
  • 明治元年(1868年)15歳 - 父方の伯父・衣斐精蔵の病死により、養子となり衣斐家を継ぐ。
  • 明治3年(1870年)17歳 - 大垣藩貢進生に選ばれ、大学南校(現・東京大学)に入学する。
  • 明治6年(1873年)20歳 - 衣斐姓から関谷姓に戻る。
  • 明治7年(1874年)21歳 - 東京開成学校の工学本科第1学年生となる。
  • 明治9年(1876年)23歳
    • 6月25日 - 文部省派遣海外留学生としてイギリス留学機械工学)する。
    • 8月18日 - ロンドンに着き、10月に大学に入学する。
  • 明治10年(1877年)24歳 - 春頃に肺結核となる。8月にイギリスを出発、神戸(現・兵庫県神戸市)で療養する。
  • 明治12年(1879年)26歳 - 神戸師範学校(現・神戸大学発達科学部)の御用掛に任用され、教員として勤める。
  • 明治13年(1880年)27歳
    • 2月 - 横浜地震が発生した。
    • 4月 - 「日本地震学会」が発足する。
    • 4月14日 - 東京大学理学部機械工学科の准教授となり、地震学実験所の助手を務める。
  • 明治14年(1881年)28歳
    • 5月12日 - 東京大学理学部助教に任用される。
    • 7月15日 - 東京大学理学部助教授に任用される。
    • 11月7日 - 「地震学会」の会員となる。従七位に叙せられる。
  • 明治15年(1882年)29歳 - 製図方法議会委員に任用される。
  • 明治16年(1883年)30歳
    • 1月 - 論文『地震学一斑』が、東京大学の機関誌『学芸志林』に掲載される。
    • 6月 - 東京大学理学部教授・ユーイングがイギリスに帰国する。
    • 12月15日 - 正七位に叙せられる。
  • 明治17年(1884年)31歳
    • 9月9日 - 内務省御用兼勤を命ぜられる。
    • 9月10日 - 地理局勤務を命ぜられる。
  • 明治18年(1885年)32歳 - 地理局第4部験震課長に任ぜられる。
  • 明治19年(1886年)33歳
    • 3月6日 - 東京大学が改組し、帝国大学理科大学助教授に任用される。
    • 3月31日 - 帝国大学理科大学教授に任用される。
    • 4月10日 - 奏任官四等に叙せられる。
  • 明治20年(1887年)34歳 - 地震動軌跡模型を製作する。
  • 明治21年(1888年)35歳
    • 7月15日 - 磐梯山噴火する。
    • 7月19日 - 磐梯山地震の調査を開始する。
    • 9月21日 - 官報に「磐梯山破裂実況報告」として調査結果が掲載される。また「磐梯山破裂の記」を執筆する。
    • 10月7日 - 東京で公開講演会を行い、噴火の状況を説明する。
    • 10月29日 - 奏任官三等に昇叙する。
  • 明治22年(1889年)36歳
    • 肺結核を再発させ、療養生活に入る。
    • 7月28日 - 熊本地震が発生する。
    • 8月12日 - 熊本に行き、地震計を設置して調査を開始する。
    • 8月24日 - 長崎で病気療養する。
  • 明治23年(1890年)37歳 - 非職を命じられる。
  • 明治24年(1891年)38歳
    • 8月24日 - 理学博士の学位を授けられる。
    • 10月28日 - 濃尾地震が発生する。
    • 10月29日 - 被災地の人心安定のため、執筆活動を始める。
    • 11月17日 - 濃尾地震を調査する委員会の設立を政府に建議する。
    • 11月20日 - 大垣で駕籠を使用して被災状況の視察を行う。
    11月30日 - 濃尾地震に関する取調べを嘱託される。
  • 明治25年(1892年)39歳
    • 6月25日 - 「震災予防調査会」が発足する。
    • 7月14日 - 「震災予防調査会」の委員に任命される。
  • 明治26年(1893年)40歳
    • 4月11日 - 復職を命じられる。高等官五等に叙せられる。
    • 5月10日 - 従六位に叙せられる。
大垣市内にある「関谷清景誕生之地」石碑(2017年8月24日撮影)
  • 明治27年(1894年)41歳
    • 8月 - 病状が悪化する。
    • 12月 - 板宿村(現・兵庫県神戸市)の禅昌寺で療養生活となる。
  • 明治28年(1895年)42歳 - 非職を命ぜられる。
  • 明治29年(1896年
    • 1月8日 - 肺結核のため42歳で没す。板宿村の禅昌寺に葬られる。
    • 1月9日 - 地震学上における功労が著名であるとして従五位を贈られる[6][2]

論文[編集]

共著

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大垣市・大垣市教育委員会博士のまち大垣『世界初の地震学教授で理学博士 関谷清景』「生い立ち」「貢進生として大学南校に入学」「留学生としてイギリスへ渡る」大垣市奥の細道むすびの地記念館 第20回企画展、平成29年7月15日、2017年8月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e 花房吉太郎、山本源太編『日本博士全傳』「理学博士関谷清景君」明治25年8月19日、232頁、2017年8月31日閲覧。
  3. ^ 大垣市・大垣市教育委員会、博士のまち大垣『世界初の地震学教授で理学博士 関谷清景』「地震研究との出会い」大垣市奥の細道むすびの地記念館 第20回企画展、平成29年7月15日、2017年8月28日閲覧。
  4. ^ 大垣市・大垣市教育委員会、博士のまち大垣『世界初の地震学教授で理学博士 関谷清景』「世界初の地震学教授」大垣市奥の細道むすびの地記念館 第20回企画展、平成29年7月15日、2017年8月28日閲覧。
  5. ^ 大垣市・大垣市教育委員会、博士のまち大垣『世界初の地震学教授で理学博士 関谷清景』「濃尾地震と「震災予防調査会」の発足」大垣市奥の細道むすびの地記念館 第20回企画展、平成29年7月15日、2017年8月28日閲覧。
  6. ^ 大垣市・大垣市教育委員会、博士のまち大垣『世界初の地震学教授で理学博士 関谷清景』「関谷清景・年譜」大垣市奥の細道むすびの地記念館 第20回企画展、平成29年7月15日、2017年8月28日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]