関谷剛男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 関谷剛男(せきや たかお)
生誕 (1939-11-18) 1939年11月18日(77歳)
日本の旗 日本 東京府
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 分子生物学
研究機関 東京大学
微生物化学研究会
マサチューセッツ工科大学
国立がんセンター研究所
医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構
三菱化学生命科学研究所
佐々木研究所
出身校 東京大学
博士課程
指導教員
浮田忠之進
主な業績 核酸の高次構造を利用したゲノム情報解析
主な受賞歴 日本学士院賞
プロジェクト:人物伝

関谷 剛男(せきや たかお、1939年11月18日 - )は、日本の分子生物学者佐々木研究所所長。薬学博士。核酸の高次構造多型(SSCP)解析法の開発で知られる。がん遺伝子がん抑制遺伝子の塩基配列異常をはじめ、多くのヒト遺伝病原因遺伝子解析に利用された。日本学士院会員。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 春の叙勲、北島三郎さんら4024人 北海道内は232人 北海道新聞 2016年4月29日

外部リンク[編集]