関衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関 衛
生誕 日本の旗 日本 山形県米沢市
死没 1942年10月26日
ソロモン諸島 英領ソロモン諸島海域
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1932 - 1942
最終階級 OF-4 - Kaigun Chusa.gif 海軍中佐
テンプレートを表示

関 衛(せき まもる、生年不明 - 1942年昭和17年)10月26日)は、日本海軍軍人南太平洋海戦において戦死海兵58期。最終階級は海軍中佐[1]

経歴[編集]

山形県米沢市[2]に父・関才右衛門と母・ヤスのもとに生まれる。父は海軍大佐で、日本海海戦に第19艇隊所属の水雷艇」艇長として参戦している。母は旧米沢藩・左近司政記の娘。左近司政三海軍中将は伯父にあたる。

府立五中を経て、1926年大正15年)11月海軍兵学校58期に入校。この時期はダルトンプランによる教育が実施されていた。1930年(昭和5年)11月18日卒業。58期生は少尉候補生として装甲巡洋艦「出雲」・「八雲」に乗組し練習航海に出発。遠洋航海地中海方面へ向かい、司令官は左近司であった。1932年(昭和7年)4月、海軍少尉任官。

1933年(昭和8年)練習航空隊飛行学生となり、館山海軍航空隊を経て爆撃機搭乗員となる。関は和田鉄次郎とともに、日本海軍初の急降下爆撃機操縦員の一人となる[3]奥宮正武によれば、後に関は奥宮らとハインケル製の急降下爆撃機を用いて新たな爆撃術の研究開発を行い、部内の権威者となったという[4]。その後は霞ヶ浦海軍航空隊教官などを歴任。

日中戦争に参加。空母「龍驤」分隊長として広東攻略戦に参加し、感状を授与された。

1941年(昭和16年)10月海軍少佐に進級。

太平洋戦争[編集]

1941年(昭和16年)12月太平洋戦争宇佐海軍航空隊教官として迎える。この時に実用機教程を指導された艦上爆撃機搭乗員に豊田穣がいる[5]

1942年(昭和17年)7月、第三艦隊の空母「翔鶴」飛行隊長に就任。第三艦隊の攻撃隊総隊長を兼任[4]。なお「翔鶴」艦上攻撃機隊を率いたのは、同期生の村田重治であった。

第二次ソロモン海戦で「エンタープライズ」を攻撃する九九艦爆

1942年(昭和17年)8月24日、第二次ソロモン海戦に参戦。第二航空戦隊航空参謀奥宮正武によれば、太平洋戦争における関の初陣であったが、すでに日中戦争において実戦を経験しており、貫禄は十分であったという[6]

同海戦で、関は第一次攻撃隊、九九式艦上爆撃機(九九艦爆)27機、零式艦上戦闘機(零戦)10機を率い米空母「エンタープライズ」に爆弾3発を命中させるなどの戦果を挙げた[6][7]。この攻撃に九七式艦上攻撃機(九七艦攻)が参加していないのは、咄嗟の会敵であったため準備が間に合わなかったためであった[6]

南太平洋海戦で九九艦爆の突入を受け
炎上する「ホーネット」

1942年(昭和17年)10月26日南太平洋海戦に参加。関は第二次攻撃隊指揮官として九九艦爆19機と護衛の零戦5機で攻撃に向かった。攻撃隊の機数が少ないのは、同時に出撃する予定であった空母「瑞鶴」隊は母艦にレーダーがなかったため準備が遅れたこと[8]、また第二次ソロモン海戦などで被った損害の補充ができていなかったことが原因である[6]

先に攻撃に向かった村田隊は米空母「ホーネット」に爆弾6発、魚雷2発を、関隊は「エンタープライズ」に爆弾3発を命中させた(うち1発は至近弾)。ただし関隊を第一次攻撃隊とし「ホーネット」を攻撃したとする資料もある[9]

日本側の目撃証言で、関は被弾後に駆逐艦への突入して自爆したとされたが[10]、米側の記録との照会で、「ホーネット」に突入したことがわかった[11]。戦死による特進で海軍中佐[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 昭和19年4月1日(発令昭和17年10月26日付)海軍辞令公報(部内限)第1400号 p.18』 アジア歴史資料センター Ref.C13072097000 
  2. ^ 『続 海軍くろしお物語』「南雲艦隊のサムライ」
  3. ^ 『遠い潮騒』p.226
  4. ^ a b 『機動部隊』第一部第二章
  5. ^ 『空母瑞鶴の生涯』「第十一章い号ろ号作戦」
  6. ^ a b c d 『機動部隊』第一部第三章
  7. ^ 『日本海軍戦場の教訓』「第五章 ソロモンの戦い」
  8. ^ 『艦長たちの太平洋戦争』「信頼の絆」
  9. ^ 『機動部隊』、『指揮官と参謀』
  10. ^ 『遠い潮騒』p.229
  11. ^ 『指揮官と参謀』「指揮官先頭」

参考文献[編集]

  1. 『昭和16年12月~昭和18年11月 翔鶴飛行機隊戦闘行動調書(2)』(ref:C08051577200)
  2. 『昭和16年12月~昭和18年11月 翔鶴飛行機隊戦闘行動調書(3)』(ref:C08051577300)