関良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

関 良一(せき りょういち、1917年〈大正6年〉12月14日 - 1978年〈昭和53年〉3月10日)は、日本近代文学研究者。二松学舎大学専修大学教授を勤めた。樋口一葉島崎藤村などに関して実証的な研究を行い、二葉亭四迷『浮雲』の「四辺形説」は有名である[1]。妻に先立たれ、鬱病になって自殺した[2]

著書[編集]

  • 『日本近代詩講義』学灯社、1964
  • 『近代詩の教え方』右文書院、1968
  • 『樋口一葉 考証と試論』有精堂出版、1970
  • 『逍遥・鴎外 考証と試論』有精堂出版、1971
  • 『近代詩の形態と成立』教育出版センター、1976
  • 『島崎藤村 考証と試論』教育出版センター、1984
  • 『二葉亭・透谷』教育出版センター、1992

[編集]

  1. ^ 20世紀日本人名事典『日本近代文学大事典』講談社、1984
  2. ^ 谷沢永一『運を引き寄せる十の心得』ベスト新書