関盛吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
関 盛吉
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 不明
死没 不明
別名 十兵衛、勝蔵、政盛
官位 主馬首
幕府 室町幕府江戸幕府
主君 柴田勝豊蒲生氏郷秀行関一政土井利勝
伊勢亀山藩美濃多良藩伯耆黒坂藩下総古河藩
氏族 平姓関氏
父母 父:関盛信
兄弟 盛忠一政盛吉氏俊
正室:森本氏
氏盛(兄・一政の養嗣子となる)

関 盛吉(せき もりよし)は、安土桃山時代戦国時代)から江戸時代前期にかけての日本武将

生涯[編集]

生年は不明だが、伊勢国国人領主関盛信の子として生まれたとされる。

織田信長天下統一事業の進むなか、初めに柴田勝豊柴田勝家養子)に1,000で仕え、天正7年(1579年)には加賀一向一揆と戦った[1]

豊臣秀吉が信長の事業を引き継ぐと、これに従ってその配下の蒲生氏郷に仕え、天正14年(1586年7月から同15年(1587年4月にかけての九州平定で功を挙げた[1]

のちに氏郷が会津へ転封された際にも氏郷に従い、猪苗代城城代となって7,000石を領した[1]。氏郷の死後はその子・秀行に仕えたが、秀行が宇都宮12万石へ減封されると、兄・一政の配下となった[1]

しかし、一政が元和4年(1618年)に改易されると土井利勝食客となったという[1]

子孫[編集]

子の氏盛は一政の養嗣子となって関氏を継ぎ、近江蒲生郡に5,000石の領地を得て旗本となった。子孫中山陣屋に拠った。

また、氏盛の娘は大河内重綱の正室となって大河内信久を産み、血を受け継いでいる(盛吉 - 氏盛 - 娘 - 信久 - 信相 - 久豊 - 豊貫 - 久雄 - 久徴 - 久信 - 久道 - 久成 -)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『戦国人名事典 コンパクト版』、443ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]