関東大学サッカー大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

関東大学サッカー大会(かんとうだいがくサッカーたいかい)とは、関東地区にある1都7県地域が対象の各都県大学サッカー連盟に加盟する大学サッカー部による関東大学サッカーリーグへの入れ替え校を決定するためのサッカー大会である。そのため、通常は「関東大学リーグ参入戦」や単に「参入戦」などと呼ばれることが多い。主催は関東サッカー協会と関東大学サッカー連盟。

概要[編集]

関東地区における大学サッカーリーグ戦は、関東リーグ(1・2部)とその下部リーグとして東京都(山梨県を含む)・神奈川県・千葉県・埼玉県・北関東(茨城・栃木・群馬の各県)の各都県リーグで構成されている。年間のリーグ戦終了後には関東リーグ2部と都県リーグの間で入れ替えを行っており関東リーグ2部昇格校を選出するための決定戦として関東大学サッカー大会が毎年11月に開催されている。

出場枠(2017年度)

なお、春季に行われている総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント関東代表決定戦のかつての正式名称である関東大学サッカー選手権大会と大会名が酷似しているが別の大会である。

歴代大会結果[編集]

  • 枠表記は、入れ替え戦実施期(2003年まで)における関東リーグ2部昇格校
年度 昇降格制度 優勝 決勝 準優勝 開催地 開催期間
32 1999 1位・2位校ともに入れ替え戦出場
(1位-関東2部8位・2位-関東2部7位)
東海大(神奈川県) 2-1 明海大(千葉県) 千葉県 10月31日、11月3、7、14日
33 2000 立正大(東京都3位) 2-0 専修大(東京都1位) 群馬県
34 2001 1位校は自動昇格
2位校は入れ替え戦出場
(2位-関東2部7位)
流通経済大(北関東) - 早稲田大(東京都1位)
35 2002 国際武道大(千葉県) - 横浜桐蔭大(神奈川県)
36 2003 専修大(東京都3位) - 拓殖大(東京都2位) 埼玉県 11月2-3、9、16日
37 2004 関東リーグ参加校拡大に伴い8校自動昇格 (決勝なし) 千葉県 11月3、7、21日
38 2005 1・2校ともに自動昇格 立正大(東京都1位) 1-0 帝京大(前回昇格枠・東京都4位) 埼玉県・神奈川県・東京都 11月3、6、13日
39 2006 城西大(埼玉県) 不戦勝 桐蔭横浜大(神奈川県) 栃木県 11月18、23、25日
40 2007 東洋大(東京都1位) 3-0 朝鮮大(東京都2位) 神奈川県 11月10-11、17-18、23日
年度 昇格校1 昇格校2 開催地 開催期間
41 2008 上武大(北関東) 成蹊大(東京都2位) 埼玉県 11月2、9、16、23日
42 2009 関東学院大(神奈川県) 國學院大(東京都2位) 千葉県 10月31、11月1、7-8、15、22日
43 2010 日本大(東京都1位) 城西大(埼玉県) 東京都・茨城県・埼玉県 11月3、6-7、13-14、20日
44 2011 亜細亜大(前回昇格枠・東京都3位) 平成国際大(前回昇格枠・埼玉県2位) 群馬県 11月3、6、12、19日
45 2012 東京国際大(埼玉県) 東京農業大(東京都2位) 神奈川県 11月4、11、17-18、24日
46 2013 産業能率大(神奈川県) 日本大(東京都2位) 埼玉県 11月3、10、17、24日
47 2014 朝鮮大(東京都1位) 東海大(神奈川県) 千葉県 11月2、9、16、23日
48 2015 明治学院大(東京都1位) 東京農業大(東京都2位) 東京都 10月31、11月7、14-15、21日
49 2016 日本大(東京都3位) 立正大(東京都2位) 群馬県・茨城県・栃木県 10月29、11月5、13、19日
50 2017 立教大(東京都2位) 関東学院大(神奈川県) 神奈川県 10月29、11月4-5、11、19日
  • 2003年度まで実施された関東リーグ2部入れ替え戦はいずれも1試合制で実施された。
  • 2004年度は、次年度から関東大学リーグを各部8校制から各部12校制に拡大するための移行次期にあたり、関東リーグ2部へ8校が自動昇格した。大会にはこの年に限り東京都6校・神奈川県3校・千葉県3校、埼玉県2校、北関東2校の計16校が参加し4ブロック(各4校)で1回戦総当り戦を行い、各ブロック1・2位校の計8校が関東リーグ2部昇格を決めた。
  • 2005年度以降は1・2位校ともに自動昇格の現行方式に。
  • 2008年度以降は決勝が廃止された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]