関東上流江戸桜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関東上流江戸桜(かんとうじょうりゅうえどざくら)とは、日本の大学群である。首都圏に所在する私立大学5校の組み合わせによる[1]

  1. (関東)関東学園大学 - 群馬県太田市[注釈 1]
  2. (上)上武大学 - 群馬県伊勢崎市
  3. (流) 流通経済大学 - 茨城県龍ケ崎市
  4. (江戸)江戸川大学 - 千葉県流山市
  5. (桜) 桜美林大学 - 東京都町田市

概要[編集]

この大学群は『螢雪時代』の編集長である代田恭之が作成したとされており、当時は桜美林大学が“大東亜拓桜帝国”として含まれるなど一部で異なるところがあった[3]これらの大学は、1980年代に実学を重視したカリキュラムで注目を集め、団塊ジュニア世代に受験人口が増加したことで急速に受験生を集めた。[要出典]

現在では、大東亜帝国の大学群より偏差値が下位にある大学群として認識されている[4]

共通点[編集]

大学間の交流はほぼ皆無だが、共通点としては以下の点が考えられる。

  • 開学時期が江戸川大学以外1960年代であり、いわゆる団塊の世代が大学受験期に差し掛かる時期に設立された。
  • 実学志向であり、各大学とも実業界から多くの教員・客員教員を招き寄附講座を多く開設した。
  • 資格取得の課外講座を設置して実業の世界で即戦力となる簿記語学情報関連など、実務的な資格取得を学生に奨励していた。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、関東学園大学に代わって関東学院大学を指す場合もある[2]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]