関寛治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関 寛治(せき ひろはる、1927年3月31日 - 1997年12月15日)は、東京大学名誉教授、立命館大学名誉教授。専門は、平和学国際政治学

来歴[編集]

東京府生まれ。1944年(昭和19年)広島市の旧制修道中学校(現修道中学校・修道高等学校[1][2]旧制静岡中学[3]に在籍。旧制静岡高校を経て、1953年に東京大学法学部卒業。東京大学東洋文化研究所助手、國學院大學助教授、東京大学東洋文化研究所教授、立命館大学国際関係学部教授を歴任。

日本平和学会初代会長(1973年 - 1975年)。広島大学平和科学研究センター所長(1975年-1979年)。

人物[編集]

雑誌『世界』に寄稿した「『冷戦の再開』と世界秩序の危機」の中で、ソ連によるアフガン侵攻を「進攻」という字句で表現してたことや、大韓航空機爆破事件ではこじつけの理論を展開して北朝鮮に同調して工作員による犯行を韓国側の捏造と仄めかす主張を朝日新聞に投稿したことを稲垣武から批判されている[4]

大阪経済法科大学アジア研究所研究員であり、金日成思想を学び、それを日本革命に活かそうとするセクトのチュチェ派の重鎮である。1994年2月に結成された金日成・金正日に「絶対の忠誠を誓う」ことを頻繁に決議している全国キムジョンイル著作研究会全国連絡協議会チュチェ思想国際研究所の顧問でもある [5]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『現代東アジア国際環境の誕生』(福村出版, 1966年)
  • 『危機の認識』(福村出版, 1969年)
  • 『国際体系論の基礎』(東京大学出版会, 1969年)
  • 『危機の深みに立って』(ダイヤモンド社, 1970年)
  • 『地球政治学の構想』(日本経済新聞社, 1977年)
  • 『ロン・ヤス現象』(オリジン出版センター, 1985年)
  • The Asia-Pacific in the Global Transformation: Bringing "The Nation-State Japan" Back In, (Institute of Oriental Culture, University of Tokyo, 1987).
  • 『グローバル・シミュレーション&ゲーミング――複雑系地球政治学へ』(科学技術融合振興財団, 1997年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『国際政治学を学ぶ――危機状況打開のための現代国際政治理論のシナリオ』(有斐閣, 1981年)

共編著[編集]

訳書[編集]

出典[編集]

  1. ^ 修道学園史(昭和53年)203頁
  2. ^ 修道学園中高同窓会会員名簿第35号(平成22年)91頁
  3. ^ 静中・静高同窓会会員名簿 59回(昭和19年3月卒業)
  4. ^ 稲垣武 『「悪魔祓い」の戦後史 進歩的文化人の言論と責任』 文春文庫 [い-36-2] ISBN 4167365049、535-536p
  5. ^ 「疑惑の北朝鮮「付属」大学大阪経法大は朝鮮総聯のスパイ拠点か!?, 宝島30, 1995年8月号