関善賑わい屋敷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
旧関善酒店(関善賑わい屋敷)(2012年9月)
旧関善酒店の桁組架構

関善賑わい屋敷(せきぜんにぎわいやしき)は、日本の特定非営利活動法人

本項では当法人が保存活用する登録有形文化財の建造物「旧関善酒店主屋」およびかつて存在した「関善酒店」についても記述する。

概要[編集]

秋田県鹿角市にあるかつての造り酒屋旧関善酒店」の建造物(主屋、登録有形文化財)を購入し、保存および活用に関わる活動を行っている。

旧関善酒店[編集]

関善酒店は1856年安政2年)創業の造り酒屋であったが、1983年昭和58年)に廃業となり、およそ130年の歴史に幕を閉じている。同酒店は花輪地域有数の財産家「大っき方」[要追加記述]であった[1]

現存の旧関善酒店主屋は六日町などを含む「花輪大火」によって類焼したため、1905年明治38年)に建築されたものである。木造一部3階建て、間口(県道側)27m、奥行き20m、3層からなる桁組みで、吹き抜きの大屋根は10.5mに達する。

秋田県道66号十二所花輪大湯線(花輪商店街通り)の拡張などの事情から曳家による保存が計られることとなり、2004年平成16年)4月から曵家工事が始まり同年8月に完了、さらに2006年(平成18年)8月3日には国の登録有形文化財として登録されている。なお、旧関善酒店主屋の斜め向かいに位置する小田島家住宅(旧酒店)も曵家により保存されたものである[2][3]

登録有形文化財の詳細[編集]

登録有形文化財「旧関善酒店主屋」一棟
  1. 登録年月日 - 2006年(平成18年)8月3日
  2. 所在地 - 秋田県鹿角市花輪字上花輪85
  3. 所有者 - 特定非営利活動法人 関善賑わい屋敷
  4. 構造・形式等 - 木造平屋一部2階建、鉄板葺、建築面積590平方メートル
  5. 建築の年代 - 1905年(明治38年)
  6. 登録基準 - 二(造形の規範となっているもの)
  7. 特徴・評価 - 県道(秋田県)に西面して建つ。桁行14間、梁間11間の規模で、木造平屋一部2階、切妻造、鉄板葺、平入とし、正面にこみせを設ける。北側を床上部とし、表側に土間をとり、通り土間を通す。通り土間上部の架構は見事で、全体に技術、規模、意匠共に秀でる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本最大級の吹き抜け木造架構「関善」(Life in the wind AKITA)
  2. ^ 小田島家住宅(秋田県:歴史・観光・見所)
  3. ^ こみせを守る(NPO関善賑わい屋敷:メディア情報/秋田魁新報2004年5月3日付朝刊)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度11分6.6秒 東経140度47分20.5秒 / 北緯40.185167度 東経140.789028度 / 40.185167; 140.789028