関口房朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
関口房朗(2006年エリザベス女王杯にて)

関口 房朗日本中央競馬会の馬主登録ではせきぐち ふさろう、その他の場面での自称はせきぐち ふさお1935年12月20日 - )は実業家競走馬馬主兵庫県尼崎市出身。血液型はA型。通称は「フサロー」、「フサリー」(ネット上)。コリン・パウエルアメリカ合衆国国務長官と親しいことで知られる。長男は株式会社Mooter取締役、公益社団法人危機管理協会理事の関口啓貴。次男は株式会社ゲイン代表取締役の関口千房

経歴[編集]

尼崎市立尼崎産業高等学校中退後、2年ほど個人経営の運送業を営むが、腰の支障により体を崩し廃業。その後、実家の工場「関口工業技術」の営業として勤務。1961年に、名古屋に移り「関口工業技術」名古屋出張所長になる。1963年に関西精器を設立し、代表取締役社長に就任するが、1973年倒産1974年に技術系アウトソーシング人材派遣)の草分けとなる「株式会社名古屋技術センター」(現・株式会社メイテック)を設立。 仕事帰りに他社のオフィスビルに、まだ煌煌と明かりがついている光景を見てアウトソーシングを思いついた。そしてダイレクトメールという言葉さえない時代に大手技術部長宛に手紙を出してトヨタ、三菱重工業などの大手と契約。ボーイング社にも招かれボーイング727、747の設計にも参加することとなり一気に事業が拡大。[1] 1980年代表取締役社長に就任。会社が軌道に乗り始めると、競走馬の馬主資格を手に入れ、「朗が番」を意味する「フサイチ」の冠名の競走馬を多数所有するようになる。

1996年に所有する競走馬・フサイチコンコルド日本ダービーを勝利した直後、メイテック社長を電撃的に解任され[2]、翌年(1997年)に東京に技術系アウトソーシングの新会社「株式会社ベンチャーセーフネット(2004年から株式会社VSN)」を立ち上げ、会長に就任する。

同社では1999年の入社式で闘牛を実施したり[3]、2004年の入社式に格闘家ボブ・サップを招待し、自ら「マスクド・F」としてサップと対戦したりするなど、時代の流行を取り入れた社内イベントを積極的に展開することで注目された。またテレビ出演も頻繁に行い「ミスター大盤振る舞い」とも呼ばれた。しかし、1999年8月に新入社員1300人に対して一時帰休させ、2001年8月には待機社員を整理解雇させたことが明らかになっている。[4]

2001年には無所属で第19回参議院議員通常選挙愛知県選挙区から立候補するが落選。さらに同選挙において元ベンチャーセーフネット社員と関口の秘書であった選対幹部が、運動員買収、未成年者使用などで公職選挙法違反による逮捕・有罪判決を受けたため連座制適用の対象となり、同選挙区からの立候補が5年間禁止された。2007年には、第21回参議院議員通常選挙において比例代表国民新党から「関口フサオ」名義で立候補したが、結果は同党の立候補者の中で当選1人に対して第9位の得票数(27,054票)にとどまり、またも落選している。この選挙後に「落選したのは競馬ファンが投票に行かなかったからだ」とコメントしている。

2007年6月13日を以てVSNの取締役会長を退任し相談役となったが、1年経たない2008年3月8日に相談役も退任、同時にVSN株も手放した[5]

現在は下記のとおり馬主としての活動も終息してしまっており、まったく表舞台に出ることはない状況である。

2013年3月にブログを開設したものの開設当月に3件の記事を掲載して以降は月1件までペースが落ち、それも同年5月を最後に更新されておらず事実上の放棄状態にある。

経営者としてのモットーは、「とにかく細い道を進め!」。これは、ビジネスチャンスというものはまだ誰にも見えていない、そして誰も進んでいない細い道にこそあるという意味のことを語っている。[6]

馬主として[編集]

メイテック時代、同社の女性従業員から「実家の牧場にいる競走馬を買って欲しい」と懇願されたことを契機に、馬主としてのキャリアがスタートした[7]。以来、関口の所有馬である“フサイチ”ブランドは、中央競馬を中心に活躍馬を送り出した。

フサイチコンコルドは1996年の日本ダービーにデビューわずか3戦のキャリアで優勝したことで大いに話題を集めた。2000年にはフサイチペガサス(Fusaichi Pegasus)がケンタッキーダービーに優勝し、アメリカ競馬でもダービーオーナーとなった。ケンタッキーダービー制覇は日本人馬主としては初の快挙であった。

良い馬を買うためには金に糸目をつけず「高い馬ほどよく走る」との持論を展開した。2003年にはサンデーサイレンス最後の産駒(母・セトフローリアンII)を3億3000万で落札。同馬は関口がテレビ番組『ジャンクSPORTS』に出演した際に、司会の浜田雅功が関口と同じ兵庫県尼崎市出身という縁で命名することを許可、フサイチジャンクと馬名申請され、また同馬の預託厩舎を、国内外問わず一般公募したことでも話題となった。結果同馬はJRA栗東トレーニングセンター池江泰寿調教師によって管理されることになり当初こそデビュー4連勝で皐月賞への優先出走権を得るなどしたがその後は低迷、船橋競馬へ移籍するなどして6歳まで現役を続けたものの結局生涯勝利数はデビューからの4勝のみに終わり、番組でも4歳以降はほとんど取り上げられることがなかった。

翌2004年7月に開かれた北海道・苫小牧での競走馬競り市「セレクトセール2004 サラブレッド当歳(0歳)馬の部」において、「エアグルーヴの2004」(父・ダンスインザダーク、母・エアグルーヴ2006年8月31日に「ザサンデーフサイチ」と命名)を4億9000万円で落札し購買。競走馬競り市の当時国内最高額を記録した。同年にアメリカ・ケンタッキー州で行なわれた競り市では、ストームキャットを父に持つ1歳馬をそれぞれ800万ドル(約9億円)、340万ドル(約3億7400万円)で購入した。「ミスターセキグチ」と命名された前者はアメリカのボブ・バファート厩舎、「フサイチギガダイヤ」と命名された後者はJRA栗東の森秀行厩舎に預託されたが、いずれも芳しい成果を挙げることはできなかった。

所有馬が優勝した際、ファンサービスを兼ねて握手を求める多くの競馬ファンに対して気さくに握手をするなど、競馬ファンへの意識は高いものがあった。株式会社FDO(フサイチ・ドリーム・オペレーション)を設立し、競走馬関連情報サイト「フサイチネット」を運営。2005年11月3日名古屋競馬場で開かれた第5回ジャパンブリーディングファームズカップ(JBC)は、FDOが冠協賛スポンサーとなり「フサイチネットJBC」として開催された[8]が、関口は「ファンから地方競馬の窮状を救ってほしいという意見を頂いているので、レースの協賛スポンサーに就任させていただくことにした」と話している。また、同日の大井競馬場でも1日まるごとプロデュースを行った[9]

それ以降、地方競馬振興にも力を注ぐようになり、みずからの所有馬を岩手[10]佐賀[11]に預託することを宣言。また中央競馬からの転厩馬を船橋笠松に預けた。

2007年4月28日に開催されたばんえい競馬においては、全12レースに協賛[12]。一部を除いた地方競馬ではなじみになった個人協賛ではあるが、開催全レースの協賛は前代未聞である。

2007年9月にブルームバーグテレビジョンに出演した際に「高額馬への投資はもうやめる」と発言した[13]のを皮切りに、2008年6月には「フサイチネット」のWebサイト休止を発表[14]、同年10月ごろに重賞勝ち馬フサイチアソートを含む所有馬の数頭を突如手放すなど、馬主としての活動を縮小。残り少なくなった所有馬から2010年3月には松田国英厩舎に預託していたザサンデーフサイチ・フサイチセブンの2頭が大津地方裁判所差し押さえられ、この時点で「経済的に苦境に陥っており馬主活動の継続は厳しい」と見る関係者も多かった[15][16]。2011年9月にJRAに登録されていた競走馬(フサイチナガラガワ)が登録抹消され、JRAに所有馬はいなくなった。また、地方競馬の所有馬も、船橋競馬場に所属していたフサイチクローバーが2013年8月5日に地方競馬登録を抹消されたことでいなくなった。これにより、関口は事実上馬主から撤退している状態となっている。

代表所有馬[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ INLIFE 成功者の金言 VOL.2 「関口房朗 Sekiguchi Fusao・後編」
  2. ^ 競走馬育成事業をメイテックにおいて展開しようとしたことに対し他の役員が反発したためと言われているが、真相は定かではない。また、新卒大量採用、給与体系を変更しようとした事も起因とされる。
  3. ^ 日本で闘牛士による本格的な闘牛が行われたのはこのときが史上初である。
  4. ^ 2009年3月にも、息子である関口千房が経営するゲインが、100人弱の新卒に内定取り消したことも明らかになっている。(大学生98人内定“切り” 卒業直前 SE派遣ゲイン 仕事ない、と通知)
  5. ^ SBI系ファンドへ売却
  6. ^ プロフェッショナルインタビュー「関口房朗」 |インライフ インタビューより
  7. ^ 関口の馬主キャリア最初期の所有馬はすべて北海道浦河町の村下牧場の生産馬である。
  8. ^ 第5回JBCに『フサイチネット』の協賛が決定(keiba.go.jp、2005年10月12日)
  9. ^ 『FUSAICHI DAY』開催(11/3・大井)(keiba.go.jp、2005年11月1日)
  10. ^ セレクトセール出身2歳馬の岩手競馬預託が決定!関口房朗トークショー 水沢競馬場で開催!〜地方競馬応援プロジェクト2007〜(プレスリリース版)(岩手競馬、2007年4月6日)
  11. ^ 佐賀入厩のフサイチ軍団2歳馬の馬名決定(keiba.go.jp、2007年6月4日)
  12. ^ 競馬場はフサイチフィーバー、関口房朗氏がばんえい馬主宣言!(十勝毎日新聞ばんえい十勝劇場、2007年4月28日)
  13. ^ 噂って怖いね - フサイチDX・2007年9月28日
  14. ^ 当初は「2009年春頃に再開する予定」としていたが、結局再開されることはなく2009年夏にひっそりと閉鎖された。
  15. ^ フサイチ冠名の…関口氏所有馬差し押さえ - nikkansports.com・2010年3月14日
  16. ^ 東京スポーツ・2010年3月14日付 1面「フサイチ重賞馬 差押え」
  17. ^ 1位入線のカワカミプリンセスの降着により、2位入線からの繰り上げ優勝。

著書[編集]

  • それでも悲しき日本競馬(2004年、宝島社
  • 金持学(2004年、宝島社)
  • 赤っ恥学 関口会長が歩む花の赤っ恥道!(2004年、宝島社)
  • 大富豪になる生き方!(2004年、宝島社)

外部リンク[編集]