関ヶ原 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
関ヶ原
監督 原田眞人
脚本 原田眞人
原作 司馬遼太郎関ヶ原
製作 市川南
佐野真之
製作総指揮 上田太地
豊島雅郎
ナレーター 木場勝己
出演者 岡田准一
役所広司
有村架純
平岳大
東出昌大
北村有起哉
伊藤歩
中嶋しゅう
音尾琢真
松角洋平
和田正人
キムラ緑子
滝藤賢一
大場泰正
中越典子
壇蜜
西岡徳馬
松山ケンイチ
音楽 富貴晴美
撮影 柴主高秀
編集 原田遊人
制作会社 東宝映画
ジャンゴフィルム
製作会社 「関ヶ原」製作委員会
配給 日本の旗 東宝
アスミック・エース
公開 日本の旗 2017年8月26日[1]
上映時間 149分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

関ヶ原』(せきがはら)は、2017年制作の日本映画石田三成徳川家康を主人公に、豊臣秀吉の死から天下分け目の関ヶ原の戦いに至るまでの過程を描いた司馬遼太郎原作の歴史小説『関ヶ原』の映画化作品。司馬遼太郎の小説の映画化は、1999年公開の『梟の城』以来18年振りとなる[2]

監督・脚本は原田眞人、主な出演は岡田准一役所広司有村架純平岳大東出昌大松山ケンイチらで、有村架純は時代劇初挑戦となる[3]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

製作[編集]

監督の原田眞人は1991年から映画化の構想を抱いており、当初は島左近を主役に考え、1998年には主役を小早川秀秋に変更していた[7]。2003年に『ラストサムライ』に出演した際に目にした合戦シーンに触発されて「日本発の世界戦略時代劇」を作りたいと考えるようになり、主役を島津義弘に変更したが、最終的には小説と同じ石田三成を主役にすることになった[7]。主役の三成役には岡田准一がキャスティングされ、原田は製作を始めたことについて、「岡田さんが三成を演じられる年になるまで、ずっと待っていたから」と語っている[8]。撮影は京都府滋賀県長浜市などで行われた[9][10]。3,000人規模のエキストラや400頭の馬を動員し、東本願寺彦根城などの歴史的建造物を使用して撮影された[11]

脚注[編集]

  1. ^ “東宝2017年のラインナップ発表、「昼顔」「忍びの国」「キミスイ」など公開日決定”. 映画ナタリー. (2016年12月15日). http://natalie.mu/eiga/news/213434 2017年3月12日閲覧。 
  2. ^ 岡田准一が石田三成に!映画「関ケ原」で役所・家康と激突”. Sponichi Annex (2016年8月10日). 2017年8月11日閲覧。
  3. ^ “岡田准一と原田眞人が「関ヶ原」映画化で初タッグ、共演に役所広司と有村架純”. 映画ナタリー. (2016年8月10日). http://natalie.mu/eiga/news/197665 2017年3月12日閲覧。 
  4. ^ 公開前の2017年7月6日に死去。
  5. ^ “岡田准一主演「関ヶ原」に松山ケンイチと壇蜜が出演、直江兼続と尼僧演じる”. 映画ナタリー. (2017年3月6日). http://natalie.mu/eiga/news/223394 2017年3月12日閲覧。 
  6. ^ “司馬遼太郎「関ヶ原」映画化追加キャスト発表 東出昌大ら豪華俳優陣がずらり”. 映画.com. (2017年1月17日). http://eiga.com/news/20170118/10/ 2017年3月12日閲覧。 
  7. ^ a b 岡田准一×役所広司×有村架純で司馬遼太郎「関ヶ原」映画化!監督は原田眞人”. 映画.com (2016年8月10日). 2017年8月11日閲覧。
  8. ^ 岡田准一、石田三成演じた「関ヶ原」は「出演できたことで涙が出る」”. 映画.com (2017年7月18日). 2017年8月11日閲覧。
  9. ^ 原田眞人監督、外国人記者に「関ヶ原」の意義を説く「石田三成は今の日本に必要な人物」”. 映画.com (2017年8月9日). 2017年8月11日閲覧。
  10. ^ 司馬遼太郎原作『関ヶ原』で岡田准一が石田三成に!役所広司&有村架純が共演”. シネマトゥデイ (2016年8月10日). 2017年8月11日閲覧。
  11. ^ 岡田准一×有村架純×役所広司『関ケ原』正義 vs 野望豪華キャストで贈る本ビジュアルが公式サイトで解禁!”. 映画ナビ (2017年6月6日). 2017年8月11日閲覧。

外部リンク[編集]