間接証拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

間接証拠(かんせつしょうこ)とは証明の対象となる事実を間接的に証明する証拠のこと。情況証拠、状況証拠とも。

概要[編集]

犯罪事実を間接的に推測させることになるが、直接証拠と比較して犯罪事実の証明としては弱くなる。

世間の注目を集める事件において被疑者が否認したまま直接証拠がなく間接証拠だけで立件された場合は、裁判がより注目を集める要因にもなる。

被疑者が否認し、間接証拠が中心の刑事事件として注目された裁判[編集]

関連項目[編集]