間島和伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
間島和伸
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
職業 ギタリスト
作曲家
担当楽器 ギター
活動期間 1998年 - 2003年 (ギター)
2000年 - 2006年 (作曲)
レーベル GIZA studio
事務所 Ading
共同作業者 rumania montevideo
RAMJET PULLEY
公式サイト rumania montevideo official site
RAMJET PULLEY official site(Webアーカイブ)

間島和伸(ましま・かずのぶ)は日本のギタリスト作曲家

来歴[編集]

作曲提供[編集]

レコーディング参加[編集]

コーラス

脚注[編集]

  1. ^ 間島はrumania montevideoの1stインディーズミニアルバムのレコーディング開始後に加入。
  2. ^ RAMJET PULLEYの公式プロフィールでは、RAMJET PULLEY結成の経緯を以下の通り説明している。『rumania montevideoのリハの際など3人で暇を見つけてはスタジオに入って音を出して遊んでいました。そのうちノリで曲なんかをつくって演奏するようになり、自然な流れの中でこの形を発見しました。特に意図があってとか、企画を練ってとかじゃなく、自分達的にはいつもの生活の延長線上で無意識にスタートしていた感じです。
  3. ^ Launchersによる「Hello...good bye」のカバーは、シングル「Hello...goodbye/気分はSuper Girl!」に収録されている。
  4. ^ ももいろクローバーによる「Hello...good bye」のカバーは、アルバム『入口のない出口』に収録されている。なお、作曲者表記が「島和伸」となっている。
  5. ^ 愛内里菜&三枝夕夏による「destiny」のカバーは、シングル「七つの海を渡る風のように」に収録されている。
  6. ^ 北原愛子の6thシングル「思い出にスクワレテモ」(2004年3月24日発売)では、rumania montevideoの元メンバーである三好誠と間島が、それぞれ楽曲提供(作曲)している。

関連項目[編集]